伊香保温泉(いかほおんせん)は、群馬県渋川市伊香保町にある温泉

伊香保温泉(いかほおんせん)は、群馬県渋川市伊香保町にある温泉草津温泉と並んで県を代表する名湯で、上毛かるたでは「伊香保温泉日本の名湯」と歌われている。

泉質

硫酸塩泉

黄金の湯

温泉法上の温泉(メタけい酸による規定

白銀の湯

温泉街

急傾斜地に作られた石段の両側に、温泉旅館、みやげ物屋、遊技場射的弓道)、飲食店などが軒を連ねている。365段の石段は温泉街のシンボルであり、この界隈は石段街と呼ばれる。石段の下には黄金の湯の源泉が流れ、小間口と呼ばれる引湯口から各旅館に分湯されている。石段の上には伊香保神社が存在する。

石段上の源泉周りは整備されており、源泉が湧出する様子を見ることができる。また石段から源泉までの遊歩道の途中に飲泉所も存在する。源泉の傍には「伊香保露天風呂」が、石段の途中には共同浴場「石段の湯」が存在する。

温泉街と近くの物聞山にある上ノ山公園を結ぶロープウェイ伊香保ロープウェイ)が存在する。

温泉街の周辺には榛名山や、水沢うどんで有名な水沢観音などが存在する。

アクセス

鉄道・路線バス

高速バス

自家用車

温泉饅頭

日本各地で見られる茶色の温泉饅頭は伊香保温泉が発祥の地ともいわれている。1910年(明治44年)に勝月堂の初代店主・半田勝三が売り出したもので「湯の花まんじゅう」として販売されている。伊香保温泉ではこのほか数軒が湯の花まんじゅうを製造販売している。

タイトルとURLをコピーしました