永源寺の門前に湧く薬湯・永源寺温泉

永源寺の門前に湧く薬湯・永源寺温泉

永源寺の門前に湧く薬湯

鈴鹿山脈から琵琶湖岸まで、東西に広がる東近江市に永源寺はある。永源寺は臨済宗永源寺派の本山で、地区内から平成22年に国内最古級とされる約13000年前の土偶が発掘されて話題を呼んだ。 また、例年10月1日に行われる開山忌には、毎年多くの参拝客が訪れ、賑わいを見せる。その門前に位置するのが永源寺温泉だ。泉質は弱アルカリ性温泉だか、温泉に六種類の生薬を混ぜた薬湯が人気で、古来より湯治として利用されてきたとい う。 また古くから精進料理に利用されてきた「永源寺こんにゃく」は、滋賀県の伝統食品としても有名だ。こんにゃくやそばなど、永源寺らしい名産品に舌鼓を打つだけではなく、薬湯の効能を身体の芯からじっくりと噛みしめたい。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

情緒あふれる湯あみのあとは、囲炉裏でイワナの塩焼きを

重厚感と懐かしさを取り入れた木造建築と本格的な季節料理でくつろぎの旅館を目指す癒やし系温泉。日帰りなら、イワナの塩焼きが付く御膳や懐石が入浴とセットになったプランが断然お得。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ソース画像を表示
ソース画像を表示
ソース画像を表示
ソース画像を表示
温泉の泉質単純温泉(低張性弱アルカリ性温泉) /pH8.38/泉温38.1℃
適応性神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進。

所在地  滋賀県東近江市永源寺高野町

コメント