温泉津温泉(ゆのつおんせん)は、島根県大田市温泉津町にある温泉

温泉津温泉(ゆのつおんせん)は、島根県大田市温泉津町にある温泉

温泉津温泉(ゆのつおんせん)は、島根県大田市温泉津町(旧石見国)にある温泉。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。また港町でもある当地は「石見銀山遺跡とその文化的景観」の一部として世界遺産に登録されている。

ソース画像を表示

江戸時代、大森銀山の積み出し港として栄えたという港町の温泉。温泉津川の川べりにあり、三方を山に囲まれ、西は湾にのぞんでいる。温泉街は狭い曲りくねった道で、いかにも古い湯の町情緒。発見されてから約1300年の歴史を持ち、湯治場として評判の由緒ある温泉。外湯は「元湯」と「薬師湯」の2か所があり、どちらも源泉に一切手を加えない温泉。

スポンサーリンク

泉質

ソース画像を表示

温泉街

温泉津港から山側に伸びる温泉街は、賑やかな歓楽街などが見られず、鄙びた日本旅館が両側に立地する静かな街並みである。この古風な温泉街は2004年平成16年)7月、「温泉津町温泉津伝統的建造物群保存地区」の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。温泉街としては初めての選定である(港町としての選定であるが、後に温泉町という項目も設けられた)。

また、温泉津は中世〜近代に隆盛を誇った石見銀の輸出港でもあった。そのため、同港町は日本国内14例目の世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の登録を受けた。

共同浴場は「元湯泉薬湯」と「薬師湯」の2軒の湯元が存在する。湯温は高いが、元湯泉薬湯は改装後の2020年に「ぬる湯」浴槽を設けた[2]。両浴場はごく近接した位置で湧出する別々の泉源を用いており、泉質には相違がある。

薬師湯は2005年9月付けで、日本温泉協会の新基準による審査の結果、全項目「オール5」の最高評価の天然温泉として認定されている。

元湯泉薬湯は開湯時からの源泉を利用しており、他の旅館等へ分湯する程の湯量がない。引湯道を隔てて向かい合う古風な3階建て木造旅館は元湯の直営であるが、館内に内湯は無く、共同浴場に通うという昔ながらの湯治場のスタイルを維持している。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ソース画像を表示

歴史

開湯は古く1300年前と伝えられ、伝説では大が入浴しているところを発見したものとされる。戦国時代江戸時代は石見銀山から産出される銀の積出港にもなったことから大いに栄えた。また、山陰道山陰街道)の宿場町でもあった。

1872年明治5年)に発生した浜田地震により別の源泉が湧出を始めた。薬師湯は地震によって湧出したことから「震湯」の別名がある。また従前は「藤乃湯」だったが、その薬効豊かな湯質と、温泉の守りとして薬師如来を祀っている事などから、「薬師湯」になった。

1974年公開の松竹映画男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』の舞台となった。

アクセス

ソース画像を表示

コメント