湯の花温泉(ゆのはなおんせん)は、京都府亀岡市にある温泉

湯の花温泉(ゆのはなおんせん)は、京都府亀岡市にある温泉

湯の花温泉(ゆのはなおんせん)は、京都府亀岡市(旧国丹波国)にある温泉

Yunohana Onsen 01.JPG

湯の花温泉

スポンサーリンク

泉質

  • 単純弱放射能泉(天然ラジウム温泉)

温泉街

国道372号線のバイパス部分に宿泊施設が立ち並んでいる。温泉の入り口には鬼の像が立ち並び温泉客を迎えてくれる。宿泊施設以外には、100円で200リットル購入できる温泉スタンドがある。宿泊施設は6軒ある。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

湯の花温泉は、京都府亀岡市(旧国丹波国)にある温泉で、戦国武将が湯治に訪れたという古文書に基づいて調査が行われ、源泉を再発見した。。国道372号線のバイパス部分に宿泊施設が立ち並び、温泉の入り口には鬼の像が立ち並び温泉客を迎えてくれる。また宿泊施設以外には、100円で200リットル購入できる温泉スタンドがある。宿泊施設は6軒。同名の温泉が和歌山県東牟婁郡古座川町に存在する。また、福島県南会津郡南会津町には湯ノ花温泉がある。湯の花温泉はこの地に封じられた鬼の涙が湯の花温泉であるという伝承がある。温泉の泉質は単純弱放射能泉(天然ラジウム温泉) 。温泉の効能は節リウマチ、変形性関 節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期。

歴史

この地で見つけることができる菫青石という鉱物が熱水変質を起こし雲母化した天然記念物の鉱物桜石の霊力によって封じられた鬼の涙が湧いたものが湯の花温泉であり、桜石が転じて節分豆撒きの風習となったという伝承がある。

現代の湯の花温泉は、戦国武将湯治に訪れたという古文書に基づいて調査が行われ、源泉が再発見されたものである。ジョン・レノンオノ・ヨーコ夫妻が訪ねたことや、現役時代に阪神タイガース掛布雅之が自主トレーニングしたことがある。

ソース画像を表示

明智光秀の居城だった亀山城の城下町亀岡から、西へ向かって山峡に入っていったところに、戦国時代の武将も傷を癒したと伝えられる湯の花温泉があります。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


亀岡から嵐山にかけて保津川が創り出した絶景の保津峡があり、保津川下りで絶景の中を豪快に下ったり、トロッコ列車で美しい景色をのんびり堪能できます。
温泉の近くには桔梗の花が美しいききょうの里や、コスモスが咲き並ぶ夢コスモス園があります。

ソース画像を表示

天井の高い開放的な大浴場と、庭園の望める露天風呂で至福の一時を過ごせます。

ソース画像を表示

アクセス

亀岡市街地より約7km西方の同市薭田野町から本梅町へかけての山間部に温泉地が位置する。

ソース画像を表示

湯の花温泉周辺情報

豪快でスリル満点の亀岡名物「保津川下り」や山峡を駆ける「嵯峨野トロッコ列車」に乗って、嵐山方面へ足を伸ばすこともできます。どちらに乗っても、大自然が身近に感じられる素晴らしい景色に出会えるでしょう。

丹波の味覚も豊富で、なかでもマツタケは宿の料理には欠かせない食材として重宝されています。猪の肉を用いた丹波名物「ぼたん鍋」もあります。

格式のある落ち着いた宿が並び、都会の喧騒から離れた静かな時間を味わえる『湯の花温泉』へぜひお気軽にお出かけください。

交通鉄道:JR山陰本線亀岡駅より車で15分ほど。また、JR亀岡駅から京阪京都交通バスで約20分
車:京都縦貫自動車道亀岡ICより国道372号線を西へ車で10分ほど
泉質単純弱放射能泉
泉温(摂氏29.2 °C

コメント