湯の鶴温泉(ゆのつるおんせん)は、熊本県水俣市にある温泉

湯の鶴温泉(ゆのつるおんせん)は、熊本県水俣市にある温泉

湯の鶴温泉(ゆのつるおんせん)は、熊本県水俣市にある温泉湯の児温泉に対し、山の温泉と呼ばれている。

Yunotsuru Onsen.JPG

熊本県水俣市にある湯の鶴温泉

スポンサーリンク

泉質

  • 単純硫化水素泉

温泉街

市街地から9kmほど南東に進んだ所にある山間、湯出川河畔に位置する。自然に恵まれ、河鹿が啼き、が飛び交うという環境の元にあり、その中に大小数件の旅館が構えている。

「水俣の奥座敷」として湯治宿のスタイルを守っており、昭和時代からのレトロ感が溢れる古い建物の旅館や自炊棟、自炊宿が多い。

「鶴の屋」は工業デザイナーの水戸岡鋭治のデザインにより大きくリニューアルされ、話題となった。

2013年から発売されている「湯の鶴饅頭」が名物となっている。

  • スポンサーリンク
    < async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ソース画像を表示
ソース画像を表示

主なホテル・旅館・施設

  • 湯の鶴迎賓館 鶴の屋
  • あさひ荘
  • 四浦屋本店
  • 喜久屋旅館
  • 鶴水荘
  • 湯の鶴温泉保健センターほたるの湯
ソース画像を表示
ソース画像を表示

歴史

古くは湯出温泉ともいわれ、700年前に平家の落人によって発見された。鶴が湯浴みをしていたところを発見したことから湯の鶴の名前が付いたと言われる。

昭和55年3月27日環境庁告示第24号により、国民保養温泉地に指定された。また、国民保健温泉地にも指定されている。

アクセス

九州新幹線新水俣駅または出水駅より肥薩おれんじ鉄道に乗り換え、水俣駅下車。さらにみなくるバスに乗り換え、約35分。

ソース画像を表示
所在地熊本県水俣市
交通鉄道:肥薩おれんじ鉄道水俣駅下車
泉質単純硫化水素泉

コメント