犬鳴山温泉(いぬなきやまおんせん)は、大阪府泉佐野市大木犬鳴にある温泉

犬鳴山温泉(いぬなきやまおんせん)は、大阪府泉佐野市大木犬鳴にある温泉

犬鳴山温泉(いぬなきやまおんせん)は、大阪府泉佐野市大木犬鳴にある温泉。かつて犬鳴温泉と呼ばれていた時期もある。

ソース画像を表示
スポンサーリンク

概要

泉佐野市の山間部にあり、山乃湯という源泉の入浴場を中心に数軒の旅館が樫井川の上流の川沿いに並ぶ、大阪府内で唯一の温泉郷(温泉集落)である。 温泉のある山域は1300年あまり前に修験道場として開かれた山で、960年頃にあったとされる義犬伝説にちなんで犬鳴山と呼ばれるようになった。戦後、温泉が出た。

すぐ近くには、犬鳴山温泉大栄閣が廃墟として残っており、廃墟マニアに人気がある。同様のほととぎす旅館山中渓温泉)より、建物の損壊が激しい。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

泉質

  • ナトリウム – 炭酸水素塩泉(緊張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)
  • 泉質 – 純重曹泉 16 – 20度
  • 効能 – リウマチ、神経痛、胃腸病、皮膚病、美肌作用
  • スポンサーリンク
    < async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アクセス

ソース画像を表示
ソース画像を表示
所在地大阪府泉佐野市大木犬鳴
交通バス:南海本線泉佐野駅またはJR阪和線日根野駅から南海ウイングバス南部犬鳴山行きで約20分、終点下車
JR阪和線熊取駅から和歌山バス那賀(粉河熊取線)粉河駅前行きで犬鳴山停留所下車
車:大阪府道・和歌山県道62号泉佐野打田線(関西空港の南東、和歌山県との県境近く)
泉質炭酸水素塩泉ナトリウム
液性の分類アルカリ性
宿泊施設数温泉宿5軒

コメント