鶴巻温泉(つるまきおんせん)は神奈川県秦野市にある小規模な温泉郷

鶴巻温泉(つるまきおんせん)は神奈川県秦野市(旧国相模国)にある小規模な温泉郷

鶴巻温泉(つるまきおんせん)は神奈川県秦野市(旧国相模国)にある小規模な温泉郷である。最寄り駅は小田急電鉄小田原線鶴巻温泉駅である。

ソース画像を表示
スポンサーリンク

泉質

  • 弱アルカリ性塩化物泉。
    • 源泉温度26.3 – 37.3℃。

湧き出る温泉の中にはカルシウムイオンが牛乳並に多く含まれており(1960mg/kg)、世界一の含有量である。

効能

神経痛、筋肉痛、痔、外傷、血行障害など

ソース画像を表示
ソース画像を表示

温泉街

近年は温泉街内に住宅地や高層マンションが建設され、住宅地の中にある温泉街となっている。

  • 宿泊施設(旅館):陣屋、大和旅館、梵天荘
  • 日帰り温泉:陣屋、弘法の里湯(公営)、大和旅館

周辺の名所

ソース画像を表示
ソース画像を表示

歴史

戦後は東京の奥座敷として発展した。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アクセス

駅周辺のすぐ近くに温泉郷があるので、交通の便は比較的良い。

ソース画像を表示

その他

鶴巻温泉と将棋

鶴巻温泉内に存在する「旅館陣屋」では将棋名人戦竜王戦などが頻繁に行われている。その旅館から生まれた将棋の名勝負は数多いが「陣屋事件」と呼ばれる騒動の舞台になってしまったこともある。

コメント