こんぴら温泉郷(こんぴらおんせんきょう)は、香川県仲多度郡琴平町の温泉街

こんぴら温泉郷(こんぴらおんせんきょう)は、香川県仲多度郡琴平町温泉街である。以前は金毘羅山の門前町であって温泉は無かったものの、掘削を行い温泉を掘り当て、1997年以降に温泉地としての整備が開始された。

Kotohira-kadan13n4410.jpg

泉質

  • ナトリウム・カルシウム – 塩化物温泉
  • ナトリウム – 塩化物温泉(旅館1軒のみ)
  • 含食塩重炭酸土類泉(旅館1軒のみ)こんぴら温泉湯元八千代

温泉街

金倉川河畔から金刀比羅宮参道周辺までの宿泊施設群のうち、12軒が温泉を保有している。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

香川県琴平町の中心に位置する「こんぴら温泉郷」。琴平町は、「さぬきのこんぴらさん」として親しまれている金刀比羅宮の門前町として栄えた町で、うどん屋発祥の地としても知られています。温泉旅館や土産物店が金刀比羅宮の石段の参道を挟むように並び、参拝客で賑わいをみせる温泉地です。

ソース画像を表示

歴史

現在のJR琴平駅から金刀比羅宮までの間は、江戸時代から参拝客向けの門前宿場町として栄えてきた。しかし、特に1990年頃からは日本におけるレジャーの多様化に伴い、琴平周辺の宿泊需要が落ち込みを見せていた。

当地で宿泊施設を経営していた近兼孝休は巻き返しを狙い、1997年に自己保有地内で温泉の掘削を試み、源泉を得た。さらに彼は、この湯を近隣の宿泊施設にも供給して、温泉街を形成した。2000年からは毎年1月に「こんぴら温泉まつり」と銘打った催しを行い、温泉街の振興を図っている。2007年に源泉からの供給契約が切れるため、琴平町は町有地で新たな泉源を求めて、採掘を行う決定がなされた。この琴平町の試みは成功し、2007年以降は、新たな源泉から琴平町が配湯を開始した。なお、いずれの泉源も自噴ではなく、ポンプで汲み上げて利用している。この2つの源泉は泉質が少し異なるため、施設によって泉質が異なる場合が出てきた。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

アクセス

ソース画像を表示

コメント