油壺温泉(あぶらつぼおんせん)は、神奈川県三浦市(旧国相模国)にある温泉

油壺温泉(あぶらつぼおんせん)は、神奈川県三浦市(旧国相模国)にある温泉

ソース画像を表示
ソース画像を表示

温泉成分が濃い高張性の療養泉

油壺温泉は、環境省の「鉱泉分析法指針」に基づき、温泉のうち「特に治療の目的に供し得るもの」に認められる「療養泉」にあてはまる温泉です。

この指針には、「溶存物質」という項目があり、温泉に含まれる成分が1kg中に1g以上で療養泉になり、さらに10g以上あると「高張性の温泉」に分類されます。
油壺温泉は、1kg中に17.6gと、療養泉の基準の17倍以上も溶存物質が含まれている高張性の温泉となっています。

高張性の温泉は浸透圧が高いため、脱水作用や角質の剥離、滅菌作用などがあると言われています。

なお、皮膚の弱い方は湯あたりしやすいので、出る前に「かけ湯」をしていただくことをお勧めします。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

泉質

泉質ナトリウム – 塩化物温泉化石海水と呼ばれるタイプで、フミン酸により微黄褐色を帯びる。1kg中の溶存物質は17.6gで、高張性の療養泉に分類される。

温泉施設

湧出地に隣接した「ホテル京急油壺 観潮荘」では、大浴場は従来の海洋泉から温泉に切り替えられ、客室附属の露天風呂では掛け流しで提供される。このほか、タンクローリー横須賀市の「観音崎京急ホテル」にも運ばれる。いずれのホテルも、宿泊・日帰り入浴とも可能。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

歴史

2018年11月より、京急油壺マリンパークの駐車場でボーリング調査を開始。約1年後に、地下1514mから温泉が湧出した。2020年4月17日より、マリンパークに隣接するホテル京急油壺 観潮荘および観音崎京急ホテルで供用を開始する。

アクセス

ソース画像を表示
温泉情報
所在地神奈川県三浦市三崎町小網代1152
座標北緯35度9分40秒 東経139度36分54秒座標
交通京急久里浜線三崎口駅より京浜急行バス京急油壺マリンパークまたは油壺下車
泉質ナトリウム – 塩化物温泉(高張性・弱アルカリ性・低温泉)
泉温(摂氏32.2 °C
pH7.5
液性の分類弱アルカリ性
浸透圧の分類高張性
温泉施設数2(運び湯を含む)

コメント