百観音温泉(ひゃっかんのんおんせん)は、埼玉県久喜市にある温泉

百観音温泉(ひゃっかんのんおんせん)は、埼玉県久喜市にある温泉日帰り入浴施設の名称

ソース画像を表示

泉質

  • ナトリウム塩化物強塩泉
  • 源泉温度 57.3℃
  • pH 7.55 弱アルカリ性。
  • 湧出量 2,250リットル/分

化石海水を利用しており、天然ガスとともに湧出するため、関東の平野部では非常に珍しい自噴の天然温泉となっている。褐色石油臭(臭素イオン46,5 mg/kg)が強く、塩辛い独特の泉質。湯量は豊富で、100%源泉掛け流しを謳っている。

ソース画像を表示

温泉地

住宅地の中に、日帰り入浴施設と観音堂が存在する。施設裏手には温泉スタンドもある。

歴史

百観音の名は江戸時代にこの地に祀られた百観音にちなむ。

百観音とは、西国三十三所坂東三十三箇所秩父三十四箇所と併せてた日本百観音の事をいい、この地は坂東三十三箇所にあたる。

その観音堂は慶応4年3月に焼失、その後再建されたものの御堂が破損したため、観音像などをオーナーが引き取り、敷地内の観音堂に保存している。

温泉が開発されたのは1992年4月 地下1,500メートルまでボーリングを実施して、源泉開発を行った。源泉開発以来、1992年6月 – 2001年8月までの9年間は現在とは異なった施設で営業していた。2002年2月16日に本格的な日帰り入浴施設として営業開始、2006年5月27日に露天風呂の増設するリニューアルを施工した。

2014年2月22日にリニューアルオープンし、レストランやお休みスペースの配置を大きく変えた。

ソース画像を表示

アクセス

ソース画像を表示

美容効果が高い療養型天然温泉

大型露天風呂のある菩薩の湯と寝湯のある阿弥陀の湯がそれぞれ男湯と女湯に分かれてあり、豊かな自然に囲まれて広々とした露天風呂、寝湯やサウナまで童心にかえってめぐる湯めぐりが楽しめます。どちらも泉質はナトリウム塩化物強塩温泉で、リューマチや神経痛、皮膚病等に効果をもたらすほか、特に強塩成分の保湿、保温効果はアルカリ性泉質の肌表面をつるつるすべすべにする効果があるそうです。

また高濃度炭酸泉は、入浴すると二酸化炭素の泡が体中にくっついてくる温泉で、

炭酸ガスが皮膚から浸透することで血管を拡張し、血流がよくなりぽかぽかしてきます。

男湯・女湯は2週間ごとに入れ替わるのでどちらも楽しむことができます。

ソース画像を表示
所在地埼玉県久喜市
座標北緯36度5分29.5秒 東経139度40分37秒座標
交通JR宇都宮線東鷲宮駅下車 徒歩約3分
その他の交通手段についてはアクセスの項を参照
泉質塩化物泉
泉温(摂氏57.3 °C
湧出量毎分2,250L
pH7.55
液性の分類弱アルカリ性

コメント