< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-9046744952007432" crossorigin="anonymous"> 旭九十九里温泉(あさひくじゅうくりおんせん)は、千葉県旭市にある温泉 | 自然の恵み温泉

旭九十九里温泉(あさひくじゅうくりおんせん)は、千葉県旭市にある温泉

旭九十九里温泉(あさひくじゅうくりおんせん)は、千葉県旭市(旧国下総国)にある温泉

日本郵政株式会社が運営する保養施設かんぽの宿 旭」がある。海岸沿いは県立九十九里自然公園に指定されている。

ソース画像を表示

泉質

泉質は以下の表にまとめる(2003年3月20日分析結果)。

温泉名旭九十九里温泉
泉質ナトリウム – 塩化物強塩冷鉱泉
泉温27.6℃
水素イオン指数7.5
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

※注 効能は万人にその効果を保証するものではない。

ソース画像を表示

温泉街

関東地方の東側、九十九里浜に面しており、日本の白砂青松100選日本の渚百選房総の魅力500選にも選定された風光明媚な環境に位置する。

近隣には九十九里ビーチライン(千葉県道30号飯岡一宮線)に沿って矢指ヶ浦温泉、八福温泉(天然温泉 旭の湯)、飯岡温泉、飯岡ラジウム温泉など旭市内の温泉地が集中している。

矢指ヶ浦海水浴場をはじめとした海水浴場別荘地レジャー施設、マリンリゾートが多く並び、観光地避暑地となっている。夏場は海水浴客で賑わう。

宿泊施設として日本郵政株式会社が運営する保養施設かんぽの宿 旭」がある。

ソース画像を表示

歴史

高度経済成長期1970年昭和45年)、日本交通公社の『全国温泉案内 1300 湯』に掲載されていた千葉県の温泉は15ヵ所、そのなかには「あさひ温泉」が含まれており、この頃から観光温泉としての温泉地であった。当時の泉温は27℃であり、2003年(平成15年)現在の分析結果とほぼ変わりはない。

1974年(昭和49年)10月には日本郵政株式会社が運営する保養施設「かんぽの宿 旭」が開設。その後、1992年(平成4年)4月13日に、宿泊施設として営業を開始し、温泉施設の一般利用が可能になった。

ソース画像を表示

交通

公共交通機関

鉄道

高速バス

自動車

ソース画像を表示
所在地千葉県旭市
交通公共交通:JR旭駅」より無料送迎バスあり
泉質塩化物泉
泉温(摂氏27.6 °C
pH7.5

コメント