蓮華温泉(れんげおんせん)は、新潟県糸魚川市にある温泉

  • 広告  

蓮華温泉(れんげおんせん)は、新潟県糸魚川市にある温泉である。中部山岳国立公園区域内の標高1,475mの高所に位置する。自家発電の温泉宿のため、21時には消灯される。日帰り入浴も可能。

ソース画像を表示

泉質

  • 単純酸性泉
  • 重炭酸土類泉
  • 酸性石膏泉

リウマチ、皮膚病、胃腸病、眼病などに効能がある(いずれも効能はその効果を万人に保証するものではない)。

ソース画像を表示

温泉街

日本秘湯を守る会加盟の「蓮華温泉ロッジ」だけが営業している一軒宿の秘湯。温泉街は存在しない。蓮華温泉ロッジ本館の西側にはキャンプ場が併設されている。 例年3月下旬 – 10月20日の季節営業であり、期間外は閉鎖される。白馬岳朝日岳などの登山拠点でもあり、春の残雪期には山スキーヤーにも利用されている。本館と別館があり、本館は食堂・売店と相部屋内湯があり、別館は個室向けの部屋がある。

蓮華温泉ロッジは本来山小屋であるため、個室であっても部屋にテレビがない、食事は食堂で他のグループと詰めあわせて一斉に食べ、食事時間も夕食は17時30分頃、朝食は6時頃とかなり早い、浴衣などがない、チェックアウト時間が8時30分と一般旅館よりも早いなどの点を理解して宿泊する必要がある。また、自家発電なので21時頃以降は客室は消灯となり懐中電灯の持参が必要となる。廊下、トイレ、浴室も最低限の常夜灯のみになる。最混雑期は相部屋でしか宿泊できない場合がある。逆にチェックイン時間は13時とされているものの、実際には部屋の掃除が終われば午前中でも部屋を使用できる。

ソース画像を表示

1メートルほどの深さがあるので、肩のあたりまで浸かることができます。
周囲に広がる美しい緑を眺めながら、森林浴と入浴を同時に楽しめるというなんとも贅沢な時間。
耳を澄ませば、ウグイスなど野鳥の声も聞こえてきます。

黄金の湯の泉質は、含硫黄マグネシュウム炭酸水素塩温泉という少し珍しいもの。
適応症は、切り傷やアトピー性皮膚炎、尋常性疥癬、慢性湿疹などで、皮膚に良い温泉と言われています。

野天風呂はすべて混浴ですが人が来てもすぐに気がつくため、「少し待ってください」と声をかけてお互いに利用しやすいように配慮すれば大丈夫でしょう。

ソース画像を表示
ソース画像を表示
  • 広告

浴場

蓮華温泉には内湯である「総湯」と4か所の露天風呂があるが、3種類の泉質が混在する。露天風呂はロッジから山道を5分から15分ほど歩いた場所に散在している。

内湯

  • 総湯
    • 単純酸性泉
    • ロッジの建物の中の内湯。秘湯とは思えないほど近代的に改築されている。

露天風呂

(どの露天風呂にも更衣室の類は一切なく、衣服は湯船脇の木や石の上に置く)

  • 仙気の湯
    • 単純酸性泉
    • 蓮華温泉を代表する露天風呂。高台に位置し展望が良く、湯船も露天風呂の中では一番広い。元は「疝気の湯」と記した。疝気とは下腹部が痛む病気で、それに効くという意味。現在は仙人気分になることができる湯という意味。湯はわずかに白濁している。
  • 黄金湯
    • 重炭酸土類泉
    • ロッジから一番近い露天風呂。林間に位置し展望はあまりないが、湯量も豊富。かつては土で濁り黄色っぽい湯の色をしているのでこの名がある。現在はほぼ透明である。
  • 薬師湯
    • 酸性石膏泉
    • 一番高台にある露天風呂。少々小ぶりの石組の湯船。行止りの場所にあるため、女性の貸切状態になることがある。
  • 三国一の湯
    • 単純酸性泉
    • 三国一とは、日本中国天竺の3か国で一番という意味だが、現在は湯量が少なく1人入ったらいっぱいの小さな湯船。泉温が低すぎる時も多く、爽快感に欠ける露天風呂。

かつては「新黄金の湯」と「蒸湯」というのもあり、「蓮華七湯」と総称した。

夜、露天風呂に入るには懐中電灯が必要となる。露天風呂に夜入り、懐中電灯を消すと天候が良ければ満天の星が望める。

ソース画像を表示

アクセス

  • 糸魚川駅アルプス口より糸魚川バス頸城自動車グループ)「18 白馬岳登山バス(蓮華線)」利用、終点「蓮華温泉」下車(乗車時間:約95分)。7月から10月中旬までの季節運行。
    • 運行開始から8月中旬までは1日4往復が毎日運行されるが、それ以降は2往復が土休日のみ運行される。途中JR大糸線平岩駅前を経由し、南小谷方面の列車に接続する。

なお、バスの運行期間外は自家用車・タクシー・徒歩等でしか行けなくなる。毎年6月頃までは残雪により道路も閉鎖されており、徒歩でしか行けない。蓮華温泉ロッジから露天風呂駐車場から少し下ると、蓮華温泉ロッジの新しい建物の前に出る。その建物の前を通り、奥の水飲み場の裏側から登山道に入る。初めは平らな湿った道が続き、数分で露天風呂に到着する。

所在地新潟県糸魚川市大所
座標北緯36度48分37.9秒 東経137度47分55.4秒座標
交通JR大糸線平岩駅より糸魚川バスで約60分。7月から10月までの季節運行。
泉質酸性泉、重炭酸土類泉、酸性石膏泉
宿泊施設数1
総収容人員数250 人/日

コメント

タイトルとURLをコピーしました