< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-9046744952007432" crossorigin="anonymous"> 市比野温泉(いちひのおんせん)は、鹿児島県薩摩川内市樋脇町市比野にある温泉 | 自然の恵み温泉

市比野温泉(いちひのおんせん)は、鹿児島県薩摩川内市樋脇町市比野にある温泉

市比野温泉(いちひのおんせん)は、鹿児島県薩摩川内市樋脇町市比野(旧薩摩郡樋脇郷市比野村)にある温泉。江戸時代から大衆のための湯治場として栄えた歴史を持つ。

  • 広告
ソース画像を表示

泉質

  • 弱アルカリ単純泉

慢性間接・筋肉リュウマチ、神経痛神経炎などに効用があるとされる。ラドン含有量7.88。

ソース画像を表示

温泉街

市比野川沿いの田園地帯に湧く温泉地で、泉源は10ヶ所とかなり多い。その周りに数件の旅館が構えるが、旅館の規模はさほど大きくなく、近郷の湯治向けという昔ながらのスタイルを守っている。また、格安の公衆浴場(薩摩川内市の市営浴場として、上之湯・下之湯の2箇所を有する)もあり、美人湯としても知られ、観光客も多く訪れる。

ソース画像を表示

歴史

市比野温泉の名前の由来は、昔、市比野温泉一帯に、イチイの木が多く茂っていたことから来ている。

薩摩藩第十九代藩主、島津光久がこの近くで猟を楽しんでいたところ、いで湯を発見。光久は「これぞ天下の名泉」とばかりに、近郷の人々に多く利用させてもらえるよう、早急に湯治場を作らせたという。

ソース画像を表示

場所は鹿児島県薩摩川内市樋脇町市比野。泉質は単純温泉で弱アルカリ性であるため、湯が非常に柔らかくトロっとした肌触りを楽しめます。効能は神経痛、リウマチ、筋肉痛、関節痛に効果があると言われています。

市比野温泉は1662年に開湯した歴史が古い温泉。薩摩藩主の島津久光が「天下の湯」と称賛したほど由緒正しき温泉です。田園地帯に湧く温泉地で源泉は10カ所と非常に多いのも特徴の1つ。温泉街の中心を流れる市比野川沿いにある湯の滝公園では落差約6mの湯の滝を見ることもできます。

交通アクセス

  • 広告

コメント