熊の川温泉(くまのかわおんせん)は、佐賀県佐賀市富士町にある温泉

熊の川温泉(くまのかわおんせん)は、佐賀県佐賀市富士町(旧国肥前国)にある温泉

ソース画像を表示
  • 広告

脊振山と天山を望む高台に位置し、嘉瀬川沿いの小さな温泉施設が熊の川温泉。歴史は古く弘仁12年(821年)に、空海がこの地を訪れ、水鳥の水浴するを見て温泉を発見したと伝えられている。その後、水没、再興を繰り返し延宝時代(1673年~1680年)に、ときの大庄屋山口金右衛門が、再興したと伝えられている。その後火災に邁い、明治12年(1879年)に、村有として浴場の改築を行ない、洪水ごとに被害をくり返していたが、明治40年(1907年)に、大規模な改修をして温泉の面目を一新した。温泉は無色透明のさらりとした湯で、全国屈指の療養泉。温泉は長湯に適した温目の湯と熱目の上がり湯が並ぶ内湯と山を望む露天風呂、バリアフリー対応の家族風呂(貸切風呂)が完備。温泉の泉質はラジウム温泉(放射能泉)。温泉の効能は痛風・慢性胆嚢炎・胆石症・慢性皮膚病・冷え性・動脈硬化・高血症 慢性婦人病etc。

ソース画像を表示

泉質

温泉街

嘉瀬川沿いに温泉街が広がり、7軒の旅館が存在する。

共同浴場は2軒存在する。元旅館の「熊ノ川浴場」、市営浴場の「鵆の湯」が存在する。

ソース画像を表示
  • 広告

歴史

開湯は821年である。開湯伝説によれば、弘法大師が水鳥を見て発見したとされる。

鍋島勝茂湯治の記録も残る。

郭沫若大正13年に訪問している。

1966年昭和41年)7月22日古湯温泉と共に国民保養温泉地に指定。

2019年令和元年)5月10日環境大臣により国民保養温泉地の指定が取り消された。

ソース画像を表示

アクセス

所在地佐賀県佐賀市富士町
交通鉄道:長崎本線佐賀駅よりバスで約35分
泉質放射能泉
泉温(摂氏32.9、38.7
湧出量毎分60L、183L
宿泊施設数7
  • 広告

コメント