八丈島温泉(はちじょうじまおんせん)は、東京都八丈町、八丈島にある温泉の総称

八丈島温泉(はちじょうじまおんせん)は、東京都八丈町八丈島にある温泉の総称。

主に観光ガイドなどで用いられている名称である。各温泉を湯巡りできる一日入浴券や、八丈町営バスと併せたフリーパス「BU・SU・PA(バスパ)」も販売される。

広告  

温泉一覧

樫立向里温泉

かしたてむかいざとおんせん。公衆浴場「ふれあいの湯」、「ふれあいの湯 だんらん」が存在する。温泉スタンドも存在する。

  • 泉質 – ナトリウム – 塩化物泉

ソース画像を表示

ソース画像を表示

中之郷温泉

公衆浴場「やすらぎの湯」が存在する。温泉スタンドも存在する。

  • 泉質 – ナトリウム – 塩化物泉

ソース画像を表示

ソース画像を表示

八丈島の温泉の中でも穴場的な存在。温泉巡りでも後回しにされがち。絶景露天風呂のみはらしの湯、ジャングル風呂の裏見ヶ滝温泉はもとより、露天風呂も備えたふれあいの湯や、スパ設備を備えた奇抜な建物のザ・BOONと比べても際立つ個性というものは見当たらない。でもそれはそれ、ここにはここのいい湯が湧いている。強塩泉に辛くなったときにもホッとするような、塩分控えめさもありがたい。
穴場故に落ち着ける、そんな町営日帰り温泉がやすらぎの湯。

前日に温泉1日周遊券を使って八丈島の有料温泉を一回りしてきたが、あいにくと木曜日だったので、やすらぎの湯だけは定休日で入れなかった。島内某所では、一ヶ所抜けてしまったスタンプを見て、一番入らなくていいのはここ(やすらぎの湯)だから大丈夫と散々な言われよう。なんでも浴室も小さくてシャワーのお湯が湯船まで届きそうだし、お湯は透明だからと。まあそれも、特徴のある温泉、設備の整った温泉を求めてくる観光客に向けての言葉だったのだろう。

裏見ヶ滝温泉

無料で入浴可能な露天風呂と、日帰り入浴施設「ブルーポート・スパ・ザ・BOON」が存在する。

  • 泉質 : ナトリウム – 塩化物泉

ソース画像を表示

ソース画像を表示

広告 ムームードメイン

末吉温泉

公衆浴場「みはらしの湯」が存在する。

  • 泉質 – ナトリウム – 塩化物泉

ソース画像を表示

ソース画像を表示

思わず「うわーっ」と声を上げたくなる絶景と開放感!「みはらしの湯」の露天風呂の景観はここが東京都の一部だとはとても信じられないくらい。海まで遮るものは何も無し!晴れた日に入れば絵葉書以上。はるばる伊豆諸島最南端の八丈島まで来た甲斐があると肯けるはずです。

お湯はとても濃厚な塩化物泉。緑色の濁り湯でとてもよく温まります。ここは景色だけじゃなく、温泉としても極上。露天風呂だけでなくシャンプーやボディーソープを備えた内湯もありますので、髪や体もしっかり洗えます。

男湯と女湯は奇数日と偶数日で入れ替わります。もう一つのお風呂からも海はよく見えますよ!

洞輪沢温泉

ぼらわざわおんせん。無料で入浴可能な共同浴場が洞輪沢漁港横に存在する。

  • 泉質 – カルシウム・ナトリウム – 炭酸水素塩・塩化物泉

ソース画像を表示

ソース画像を表示

八丈島の東南海岸,洞輪沢港近くの海岸の波打際に湧く温泉。※せっけんやシャンプーなどは使えません。

汐間温泉

洞輪沢温泉の先の海岸波打ち際に沸く野湯。干潮時に岩をよける等して入浴する。

  • 泉質 – 塩化物泉

ソース画像を表示

広告 自宅でできるワキガ検査キット『odorateAP』

コメント

タイトルとURLをコピーしました