島原温泉(しまばらおんせん)は、長崎県島原市(旧国肥前国)にある温泉

島原温泉(しまばらおんせん)は、長崎県島原市(旧国肥前国)にある温泉世界ジオパークネットワーク加盟する島原半島ジオパークの一部である。

ソース画像を表示
  • 広告

泉質

  • 炭酸水素塩泉

温泉街

有明海に面し熊本方面とアクセスする島原外港近くに宿泊施設が集まる。また、温泉浴場として「ゆとろぎの湯」がある。温泉街という雰囲気ではないが、各旅館とも見晴らしが良く、九十九島(つくもじま)とよばれる有明海と風光明媚な島原の海岸線を一望する。また、市街の至る所に自噴の湧水がある。源泉温度は約40度と比較的低い炭酸水素塩泉で、入浴中は肌に気泡がつくのが特徴。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

海と空につながるインフィニティ露天風呂から有明海を一望

温泉が海に向けて流れ落ちるような演出がなされ、まるで海に浮かんでいるような抜群の見晴らしと爽快感が味わえます。露天風呂の左奥には、海を間近に見下ろす展望デッキ『ひとり海テラス』が設置され、日頃の喧噪を離れ贅沢な時間を過ごせます。宿泊のほか、お気軽な立ち寄り湯で源泉かけ流しの温泉を楽しめます。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

朝日美しい城下町の島原温泉

半島の東側に位置する島原温泉は、現在は、天守閣がキリシタンや藩政時代の郷土資料・民俗資料などの展示に利用されている「島原城」の城下にある湯量豊富な温泉地。

泉質は、ナトリウムやマグネシウムを含む炭酸水素塩泉で、肌のクレンジング効果があると言われています。また、観音島泉源公園足湯・ゆとろぎ足湯の2か所の足湯があるほか、飲泉も可能で、市内7カ所には自由に飲める飲泉所が設置されていて、気軽に温泉を楽しむことができるんです。

ソース画像を表示

歴史

島原市は歴史にゆかりのある地だが、島原温泉はさほど歴史はなく、昭和初期の開湯。

イベント

  • しまばら温泉不知火まつり – 10月中旬

アクセス

所在地長崎県島原市
交通鉄道:島原鉄道島原港駅下車
泉質炭酸水素塩泉

コメント

タイトルとURLをコピーしました