湯谷温泉(ゆだにおんせん)は、富山県砺波市の庄川温泉郷に位置する温泉

湯谷温泉(ゆだにおんせん)は、富山県砺波市庄川温泉郷に位置する温泉である。同県で同じ砺波地域の南砺市にある湯谷温泉との区別として、旧町名の庄川町から庄川湯谷温泉、あるいは「山の湯」、石川方面からは「小牧の湯」「東の湯谷」とも言われる。

  • 広告  
ソース画像を表示

概要

古くは平家の落人や木曽義仲上杉謙信などが発見したという伝説が残っていて、その言い伝えに基づき1891年明治24年)にホーリングで再湧出。その後幾度かボーリングし直し、食塩化土類食塩泉、41℃の湯を得ることとなった。

1922年大正11年)開業の元温泉旅館で、現在は無人の温泉施設であり、入湯料の500円を置いて入浴する温泉である。かつては宿泊施設で素泊りができたが、今は日帰り入浴のみを受け付けている。また、冬季は営業を休止する。

庄川峡の岸に位置しており、窓から小牧ダムの放水口や庄川峡の風景を展望することができる。

温泉の噴出口は男女の各浴室の仕切りを跨いで、シーソー式となっており片方を押し下げるともう片方の浴室でお湯が勢いよく噴き出す。

ソース画像を表示

地質

流紋岩を主体とする医王山層の基底近くより自噴する温泉であり、泉温は40度前後と周囲の温泉群と比べて低温なのが特徴である。

泉質

毎分202Lが自然自噴する深さ45mの源泉掛け流しの温泉である。泉質表記に記載はされていないが、炭酸の泡立ちや硫黄臭が感じられる。特異なのはpH9.50と周囲の温泉と比べて高pHな所である。

  • ナトリウム・カルシウム -塩化物泉
ソース画像を表示

温泉街

温泉は河原近くの内湯のみである。洪水で浴槽が埋まるのを防ぐためトーチカの様な造りになっている。高い天井と薄暗さに石の不快浴槽があり、まるで洞窟風呂のような趣を持つ。温泉の噴出量が極めて多く、洗い場まで浸水して浴槽との区別が無くなり、浴室全面にお湯が貼り出すのが特色となっている。温泉の周辺にはいくつかの飲食店が所在している他、施設内にビールの自動販売機がある。

  • 営業時間 9時〜17時 冬季休業 入湯料500円
ソース画像を表示

交通アクセス

公共交通

  • 国道471号沿いにある。駐車場から温泉施設まではやや離れており、「私設湯谷バス停」と書かれた小屋の脇の歩道から下るとたどり着ける。
ソース画像を表示
所在地富山県砺波市庄川町湯谷
座標北緯36度33分34.6秒 東経137度0分23秒座標
交通湯谷口バス停から徒歩15分(交通アクセス
泉質ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
泉温(摂氏39.0 °C
湧出量202 L
pH9.50

コメント

タイトルとURLをコピーしました