都幾川温泉(ときがわおんせん)は、埼玉県比企郡ときがわ町にある温泉

都幾川温泉(ときがわおんせん)は、埼玉県比企郡ときがわ町(旧国武蔵国)にある温泉

ソース画像を表示
  • 広告

平成2年年(1990年)の採掘で地下60mより湧出したのが都幾川温泉。源泉の湧出時のpH値は11.3で非常に強いアルカリ性。一軒の宿しかない温泉で、都幾川村の奥、白石峠に向かう山里に位置する。周囲は山に囲まれ、都幾川沿いの自然に包まれた静かな環境にあって、秘湯感に浸れるも魅力。日帰り入浴も可能な湯元館は、地元産の山菜、川魚を使用した鍋料理などを堪能できる。この温泉は身がヌルヌルし、皮膚が溶け出しそうな感じがするほど強いアルカリ性。湯は無色透明、無味無臭で入浴感はとても心地よい。温泉の泉質はナトリウム-塩化物冷鉱泉(等張性・アルカリ性・冷鉱泉) 。温泉の効能は美 肌・神経痛・関節痛・筋肉痛・腰 痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔 疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進etc。

ソース画像を表示

泉質

  • 塩化物泉
  • アルカリ性単純温泉

アルカリ性単純泉はPH11.3である。飯山温泉白馬八方温泉(おびなたの湯)と並ぶアルカリ度の高さを誇る。

温泉街

一軒宿の「とき川」が存在する。アルカリ性単純泉はここでのみ入浴可能。但し、宿泊の営業はしていない。温泉スタンドも存在し、塩化物泉を提供している。

歴史

開湯は1990年ボーリングにより温泉を掘り当てた。

  • 広告
ソース画像を表示

アクセス

ソース画像を表示

美肌の湯として人気の二大強アルカリ性泉。
「美人の湯」と呼ばれているのが、pHが7.5以上の弱アルカリ性温泉。なかでもpH8.5以上のアルカリ性泉は、そのトロトロの肌触りが女性に人気である。ちなみに日本で最もpHが高い温泉は、埼玉県の都幾川温泉(ときがわおんせん)と神奈川県の飯山温泉で、そのpHはいずれも11.3と非常に高い。

所在地埼玉県比企郡ときがわ町
交通鉄道 : 八高線明覚駅」よりバスで約30分
泉質塩化物泉単純温泉
pH11.3
液性の分類アルカリ性
  • 広告

コメント