板室温泉(いたむろおんせん)は、栃木県那須塩原市板室にある温泉

板室温泉(いたむろおんせん)は、栃木県那須塩原市(旧国下野国)板室にある温泉である。日光国立公園内の那須岳南麓に位置し、那須湯本温泉などと同じ那須温泉郷に含めて総称する場合もある。標高は塩沢が530メートル程度、板室が600メートル程度である。

栃木県内では日光湯元温泉と並び国民保養温泉地に指定されている。

  • 広告
ソース画像を表示

概要

板室温泉は、那須温泉郷の西方、那珂川沿いにある温泉で、那須塩原市(旧黒磯市)にある。平安期後冷泉天皇の時代である西暦1059年康平2年)3月、下野国那須郡の領主である那須宗重が鹿狩りのため那須の奥山に踏み入って発見したというのが記録上の起源である。以降「下野の薬湯」と称され、近世では那須七湯(なすしちゆ)に数えられる湯治場として知られるようになった。1971年(昭和46年)3月23日国民保養温泉地に指定されている。また「ふれあい・やすらぎ温泉地」にも選定されている。

泉質は無色透明のアルカリ性単純泉で、湯温は37度から45度である。

ソース画像を表示

綱の湯、杖いらずの湯

板室温泉特有の入浴方法として綱の湯(つなのゆ)が知られる。

綱の湯は、持ち手となる綱を温泉小屋の梁に結わえて湯浴上に垂らし、湯治客はこれを握って腰以上の深度のある湯浴に浸かって湯治を行う。これが関節痛に効くとされ、初めは杖を必要とした湯治客も湯治の後には杖が不要となるほどに回復したと云い、これより板室温泉は杖いらずの湯(つえいらずのゆ)とも呼ばれるようになった。

湯治の後、杖が不要となるまでに回復した湯治客は、板室に鎮座する板室温泉神社(いたむろゆぜんじんじゃ)を参拝し、不要となった杖を置いていくのが慣習であった。

ソース画像を表示
  • 広告

交通アクセス

ソース画像を表示
ソース画像を表示
所在地栃木県那須塩原市板室
交通黒磯駅または那須塩原駅より板室温泉行きバス(関東自動車)で約35 – 50分、黒磯板室ICから車で約20分、那須ICから車で約30分
泉質単純泉
泉温(摂氏37 – 45 °C
液性の分類アルカリ性
宿泊施設数17
総収容人員数1,000余 人/日
年間浴客数12万
統計年平成21
  • 広告

コメント