熱塩温泉(あつしおおんせん)は、福島県喜多方市熱塩加納町にある温泉

熱塩温泉(あつしおおんせん)は、福島県喜多方市熱塩加納町(旧国陸奥国明治以降は岩代国)にある温泉

  • 広告
ソース画像を表示

泉質

塩分の濃い高温泉で熱塩の名前の由来でもある。また、よく温まることから子宝の湯とも呼ばれる。

ソース画像を表示

禅寺から湧き出る熱くて塩からい子宝の湯

源泉が湧き出る古刹「示現寺」を中心にひっそりと佇む温泉地。門前には、ひなびた風情が印象的な「下の湯共同浴場」が建ち、熱くて塩辛い熱塩の湯をかけ流しで楽しめる。さらには、山に囲まれた狭隘な土地に肩を寄せ合うように軒を並べる足湯小屋と湯宿。 少し足を延ばせば、初夏には薄紅色の花を咲かせるヒメサユリの群生地や、秋には紅葉も美しい大自然が広がる。2000をこえる蔵の街、ラーメンの街、造り酒屋の街と多彩な趣きをもつ“喜多方の奥座敷”。 かつて喜多方との間を旧国鉄「日中線」が走っていたが、廃線となり今はしだれ桜の並木道となり、かくれた桜の名所になっている。

ソース画像を表示

温泉街

押切川左岸に温泉街が広がる。

示現寺脇に共同浴場が一軒存在している。示現寺前の土産屋で入浴券を扱っているが、16時以降は地元専用浴場となる。また、示現寺前には足湯も存在する。

  • 広告
ソース画像を表示

日本の原風景が残る喜多方の奥座敷に建つ温泉宿。熱塩の名の通り摂氏65.5度の高温と高塩分のお湯が特徴です。お食事は地元の無農薬・有機農作物を中心にした創作料理をご堪能あれ。田舎の風情を存分に楽しめる一軒です。

ソース画像を表示

歴史

開湯は600年前であるという。示現寺を開いた源翁による発見と言われる。

アクセス

ソース画像を表示
  • 広告

コメント