女川温泉ゆぽっぽ(おながわおんせんゆぽっぽ)は、宮城県牡鹿郡女川町女川2丁目にある女川町営の温泉

女川温泉ゆぽっぽ(おながわおんせんゆぽっぽ)は、宮城県牡鹿郡女川町女川2丁目にある女川町営の温泉である。東日本旅客鉄道(JR東日本)石巻線の終着駅女川駅舎の西側半分の2階に浴槽と休憩所がある。1階は土産物売り場である。

  • 広告
ソース画像を表示

概要

東日本大震災を乗り越えた女川温泉源泉の湯。震災前は駅とは別の施設であったが、震災後の駅移設の際に駅舎に合築された。家族風呂(介護風呂)、ギャラリー、休憩所、展望デッキ、交流スペース(待合室)、公衆トイレ(多目的トイレ)などがある。建物の設計は坂茂建築設計、施工は戸田建設である。

内装に陶板のタイル画が設置されている。浴場には日本画家千住博が描いた「霊峰富士」「泉と鹿」、休憩所には千住とプロダクトデザイナー水戸岡鋭治がアートディレクションを務め、公募した花の絵を配置した「家族樹」が設置されている。なお、「家族樹」は九州旅客鉄道(JR九州)博多駅駅ビルJR博多シティ」で千住と水戸岡が担当した「タイル画アートプロジェクト」と同様の手法で製作されている。

ソース画像を表示

泉質

沿革

大震災前には当時の女川駅に隣接した場所で営業していたが、津波により施設が流失した。

  • 広告
ソース画像を表示

開館時間

  • 9:00 – 21:00(最終入館は20:30まで)
    • 第3水曜日は定休日(この日は足湯も使えない。)

所在地

  • 〒986-2265 宮城県牡鹿郡女川町女川2丁目3番地2

アクセス

駐車場:普通車30台、無料(女川駅との共有駐車場)

ソース画像を表示
  • 広告

コメント