湯野浜温泉(ゆのはまおんせん)とは、山形県鶴岡市湯野浜にある温泉

湯野浜温泉(ゆのはまおんせん)とは、山形県鶴岡市湯野浜(旧出羽国明治以降は羽前国)にある温泉である。

同じ山形の上山温泉、福島の東山温泉とともに奥羽三楽郷に数えられた。

  • 広告
ソース画像を表示

泉質

  • ナトリウム・カルシウム – 塩化物泉

色は無色透明。他に独自のアルカリ性単純泉の源泉を持つ温泉宿もある。

泉温

  • 60度
ソース画像を表示

湯野浜温泉は庄内平野・鶴岡市の西部、日本海に面した海浜の温泉郷です。もとの名は“亀の湯”と称され、天喜年間(1053~58年)に付近の一漁夫が海辺で温浴している亀を見て、この地に温泉が広まったという故事に由来します。そして奥州三楽郷の一つとされ、上ノ山、東山と並ぶの歓楽地として栄えました。

ソース画像を表示
ソース画像を表示
  • 広告

温泉街

日本海に面し、沈む夕日を眺めることができる湯船、新鮮な魚介類の料理を名物とする温泉宿が多い。夏場は、海水浴客でも賑わう。共同浴場は2軒ある(上区共同浴場、下区共同浴場)。

近くに鶴岡市立加茂水族館がある。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

歴史

天喜年間(11世紀)に開湯。付近の漁夫が海辺でが温浴しているのを見て発見したと伝えられている。

1929年から1975年までは、私鉄の庄内交通湯野浜線が、湯野浜の中心地と鶴岡駅を結んでいた。かつて、湯野浜温泉駅であった場所は現在、屋外の足湯広場を持つ公共浴場となっている(駐車場は無い。近くとも海水浴場の駐車場を利用)。

  • 広告
ソース画像を表示

アクセス

鉄道

道路

ソース画像を表示
  • 広告

コメント