稲武夏焼温泉(いなぶなつやけおんせん)は、愛知県豊田市にある温泉

稲武夏焼温泉(いなぶなつやけおんせん)は、愛知県豊田市(旧国三河国)にある温泉。奥三河の秘湯として知られる。

  • 広告
ソース画像を表示

奥三河・城ヶ山のふもとに湧く温泉郷。国道153号線と国道257号線が交差する、稲武地区の中心部に温泉宿があります。中心に流れる名倉川は、夏は渓流遊び、秋には美しい紅葉と、年間を通じて美しい風景を演出。
深い緑に囲まれ、清流のせせらぎが響く静かな温泉地で、訪れる人々の心を優しく包み込みます。

ソース画像を表示

奥三河・城ヶ山のふもとに湧く温泉郷。国道153号線と国道257号線が交差する稲武地区の中心部にあり、中心に流れる名倉川は、夏は渓流遊び、秋には紅葉と、年間を通じて美しい風景を演出。深い緑に囲まれ、清流のせせらぎが響く静かな温泉地で、人々の心を優しく包み込みます。 温泉に入れる温泉宿は「岡田屋」、「青柳亭」の2軒(日帰り温泉も可)。山の幸をふんだんに使った料理も堪能できるほか、周辺には、紅葉の名所となる大井平公園のほか、しだれ桜で有名な瑞龍寺、水芭蕉を見ながら散策できる城ヶ山など、自然美を満喫できるスポットがたくさんあります。マイナスイオンいっぱいの空気を胸一杯に吸い込んで、温泉でリラックスはいかが。

ソース画像を表示
  • 広告

泉質

温泉街

国道153号(飯田街道)と国道257号(美濃街道)が交叉する稲武市街に2、3軒の旅館が点在するのみ。保養向けの温泉で、大岩風呂が名物。

歴史

夏焼温泉は元々湧出していた天然温泉だが、その後ボーリングによって湯を得た稲武温泉と合体して稲武夏焼温泉と呼ばれるようになった。

アクセス

ソース画像を表示
所在地愛知県豊田市
交通鉄道 : 名鉄三河線豊田線豊田市駅下車、とよたおいでんバス路線バス)で約95分
泉質重曹泉
泉温(摂氏13 °C
  • 広告

コメント