和倉温泉(わくらおんせん)は、石川県七尾市に位置する温泉

和倉温泉(わくらおんせん)は、石川県七尾市に位置する温泉である。

ソース画像を表示
  • 広告

温泉街

全国有数の高級温泉街として知られ、七尾湾に面して旅館が並ぶ。また、能登観光の玄関口でもあり、海のレジャーゾーンで知られる能登島にも近く、七尾市街にもフィッシャーマンズワーフ(能登食祭市場)など見所がある。

毎年4月8月に花火大会、6月能登よさこい祭りが開催され、宿泊客や地元の人々でにぎわう。

ソース画像を表示

宿泊施設

【和倉温泉旅館協同組合加入旅館】 ◎和倉温泉5号8号10号13号源泉使用

【和倉温泉旅館協同組合、以外の宿(和倉の源泉は引湯していません)】

  • 青海荘
  • HOTEL α-1能登和倉
  • 岡田屋
  • 過雁荘
  • コンドミニアムスイート和倉
  • みかさホテル和
  • 広告
ソース画像を表示

泉質

ナトリウムカルシウム塩化物泉弱アルカリ性(泉源によっては中性)高張性高温泉。

無色透明だが塩分は非常に強く、よく温まる。神経痛や関節痛・腰痛などに効能が高い。

湧出量は、約2,618 t/日(約1,600 L/分)。泉温89.1度。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

歴史

開湯1200年とされる歴史の古い温泉で、傷ついた白鷺が癒しているのを漁師が発見したと伝えられる。

地名の和倉とは「湧く浦」、つまり湯の湧く浦(入り江)であり、海の中から発見された。

そのため、潮が退いている時でないと湯を利用することができなかったが、近世には七尾城主の畠山氏加賀藩前田氏によって温泉が整備され、共同浴場が置かれた。

温泉地として本格的に開発されたのは明治時代になってからであり、戦後になって交通アクセスの向上に伴い、温泉街も大規模化した。

高度経済成長期に入ると能登半島方面に観光ブームが湧き起こり、その後七尾線の電化に伴い特急乗り入れが開始し、急速に宿泊客が増加した。

一時は、同じ石川県内加賀温泉郷や隣県である福井県芦原温泉と同じく歓楽要素を持っていたが、今日その傾向は薄く、「日本一の旅館」と言われる加賀屋の影響もあって、各旅館とも高級指向を全面に打ち出している。

今日では山代温泉と並び、県内温泉地における宿泊客トップを競う形となっている。

2007年平成19年)3月に発生した能登半島地震では大半の旅館が被災し、ほとんどの旅館が営業停止となったが、大部分の旅館は同年4月1日までに営業を再開した。

  • 広告
ソース画像を表示
ソース画像を表示

交通アクセス

鉄道

和倉温泉駅JR七尾線のと鉄道七尾線)下車、車で5分・徒歩で25分。

バス

北鉄能登バス能登島交通和倉温泉バスターミナル」下車、徒歩5分。新高岡駅高岡駅より加越能バスわくライナー「和倉温泉観光会館」下車。大阪駅京都駅金沢駅より西日本JRバス北陸道グラン昼特急号「和倉温泉」下車。

能越自動車道和倉ICから石川県道47号七尾能登島公園線経由で5分。

ソース画像を表示
  • 広告

コメント