苫田温泉(とまだおんせん)は、岡山県岡山市北区栢谷にある温泉地

苫田温泉(とまだおんせん)は、岡山県岡山市北区栢谷にある温泉地である。

ソース画像を表示
  • 広告

概要

岡山市街地の北方、車でわずか15分のところに位置し、岡山インターチェンジ岡山空港からも近い好立地に所在する。苫田山南側の谷間にあたり、恵まれた自然の中に1軒の温泉旅館が存在する。苫田川はサクラの名所として知られ、シーズンに賑わいを見せる。岡山城後楽園など市街地観光にも適しており、行楽拠点としても機能している。

古くからいで湯として存在し、古代吉備国が存在した2000年ほど前にまで遡るとも伝えられる。

旅館の中の売店以外で一番近い買い物できる店は、旧国道53号線沿いの温泉入り口を示す門の隣のファミリーマートである。

ソース画像を表示

岡山市中心部から車で約15分の所に位置し、苫田山南側の谷間にあたり、現在は2軒の温泉旅館が存在する。歴史は古く、古代吉備が存在した、2,000年ほど前に遡るとも伝えられている。温泉は無色透明の湯はラジウムを含む薬効高い放射能泉だが、泉温は20℃台と低いが、桃太郎のモデルと言われる吉備津彦命がこの地を治めようとしていた時、敵兵が高温の湯で傷を癒しているのを知って温泉を封じたため、現在のような冷泉になったという伝説が残る。温泉の泉質は低張性弱アルカリ性泉 単純弱放射能泉(=単純弱ラドン泉)。温泉の効能は神経痛、リウマチ、慢性皮膚病、婦人病、痛風、尿酸素質、尿酸素質、慢性皮膚病etc。

ソース画像を表示
  • 広告

岡山の奥座敷に湧き出る人気の良湯

岡山駅から車で約15分、岡山市北部の山間にある静かな温泉地。山の懐に抱かれるように温泉宿がひっそりと佇み、岡山の奥座敷として人気が高い。春には桜が見事に咲き誇り、秋には紅葉狩りと、四季折々の自然を心ゆくまで堪能できる。 また、瀬戸内の温暖な気候を受けて果樹栽培も盛んであり、シーズンにはマスカット狩りなどが楽しめる。周囲の景観を愛で、ゆっくりと温泉に浸かって静かなひとときを過ごすもよし、近隣に点在する観光スポットに足をのばすもよし。 「岡山駅」周辺には、日本三名園に数えられる林泉回遊式の岡山後楽園、宇喜多秀家によって築城された岡山藩主池田氏の居城・岡山城など人気スポットが多く、1年を通して多くの観光客で賑わう。岡山観光の拠点にふさわしいアクセスの良さと、癒しに満ちた自然の両方を兼ね備え、今後ますます注目が高まりそうな温泉地だ。

ソース画像を表示

岡山市の北郊を流れる笹ヶ瀬川上流に位置し、多くの果樹園に囲まれた閑静な温泉地。無色透明の湯はラジウムを含む薬効高い放射能泉で、源泉温度は20℃台と低い。かつては高温泉であったが、桃太郎のモデルといわれる吉備津彦命(きびつひこのみこと)がこの地を治めようとしていた時、敵兵が高温の湯で傷を癒しているのを知って温泉を封じたため、現在のような冷泉になったという伝説が残る。市内観光を一日思い切り楽しんだ後に浸かる湯は気持ち良さも格別だ。明日への期待を胸に、ゆっくりと効能あらたかな名湯を満喫したい。

泉質

主要施設

  • 乃利武(2013年11月29日 自己破産により閉館)
  • いやしの宿 泉水
ソース画像を表示

アクセス

鉄道

JR西日本岡山駅から下車し、岡電バスと中鉄バスとの共同運行の運転免許センター行きに乗る。自動車

山陽自動車道岡山IC下車約6分

  • 広告

コメント