名栗温泉(なぐりおんせん)は埼玉県飯能市にある温泉

名栗温泉(なぐりおんせん)は埼玉県飯能市にある温泉。付近には、名栗湖さわらびの湯がある。

  • 広告
ソース画像を表示

泉質

  • 低張性アルカリ性冷鉱泉
  • 泉温 17.0℃
ソース画像を表示

森の自然に癒されて

名栗渓谷にある鉱泉宿。杉や檜を使用し、木のぬくもりを感じさせる造りだ。都心から近く、食事付入浴の日帰りプランでもゆっくりできる。

ソース画像を表示
  • 広告

温泉地

名栗川の河畔に、一軒宿の「大松閣」が存在する。現在の若女将は、シンガーソングライターから転身したという異才の経歴を持っている。

ソース画像を表示

歴史

鎌倉時代に、怪我をした鹿が湯で治しているのを猟師が発見したのが始まり。現在の旅館が創業したのは、大正初期。

アクセス

圏央道狭山日高ICより、県道70号線で車で約40分。 西武池袋線飯能駅より、バスで30分。

ソース画像を表示
所在地埼玉県飯能市下名栗
座標北緯35度51分34.3秒 東経139度11分4.2秒
交通西武池袋線飯能駅よりバスで約30分
その他の方法はアクセスの項を参照
泉質低張性アルカリ性冷鉱泉
泉温(摂氏17.0 °C
pH9.4
浸透圧の分類低張性
宿泊施設数1
  • 広告

コメント