雲仙温泉(うんぜんおんせん)は、長崎県雲仙市小浜町雲仙にある、キリシタン殉教悲史の舞台で世界的に有名な温泉

雲仙温泉(うんぜんおんせん)は、長崎県雲仙市小浜町雲仙(旧国肥前国)にある、キリシタン殉教悲史の舞台で世界的に有名な温泉。日本初の国立公園雲仙天草国立公園)に指定された温泉保養地である。

  • 広告
ソース画像を表示

泉質

効能

  • 血行促進、疲労回復、リウマチ、慢性皮膚疾患など。

※ 効能は万人に対してその効果を保障するものではない。

ソース画像を表示
ソース画像を表示
  • 広告

温泉街

雲仙妙見岳の南西、標高700メートルの鴛鴦ノ池の南側に位置する。1990年平成2年)に噴火した普賢岳とそれにより誕生した雲仙最高峰の平成新山は、妙見岳を挟んで反対側に位置するため、温泉街からは直接見ることはできない。雲仙山頂へは、島鉄バスセンターから仁田峠まで乗り合いタクシー(中型バス)が運行されており、仁田峠と雲仙妙見岳山頂は雲仙ロープウェイで結ばれている。道中、春はウンゼンツツジ(ミヤマキリシマ)を楽しむことができる。

温泉街は噴気帯「雲仙地獄」を囲むように存在し、その地獄内に遊歩道が整備されている。

共同浴場は、新湯地区に新湯温泉共同浴場、古湯地区に湯の里温泉共同浴場、小地獄温泉地区に小地獄温泉館などが存在する。

ソース画像を表示

雲仙地獄

雲仙には30に及ぶ地獄がある。地獄の遊歩道沿いには真知子岩、婆石、鏡石、キリシタン殉教碑、聖火燃ゆ之碑といった奇岩・石碑が点在する。地獄展望台や足湯等も設けられている。

  • 清七地獄
  • 八万地獄
  • 雀地獄
  • お糸地獄
  • 大叫喚地獄
  • 邪見地獄
  • 泥火山

名所・施設

ソース画像を表示
ソース画像を表示
  • 広告

歴史

開湯は701年大宝元年)に、行基によって温泉山満明寺が建立されたことに始まる。同時に四面神を祀る温泉神社も建立されたとされる。 温泉地として開発が始まったのは約350年前、松平忠房の命により湯守を勤めた加藤善右衛門が湯宿(現在の湯元ホテル)を設置したことによるとされる。

幕末には吉田松陰が当地を訪れた。またシーボルトらにより海外へも紹介された。

明治大正期には上海租界の欧米人の保養地として繁栄した。当時、長崎は上海の蒸気船などに対する石炭供給地であり、雲仙温泉及びふもとの小浜温泉とともに上海租界の後背地を形成していたのである。なお、ノーベル文学賞パール・S・バックヘレン・ケラーも一時滞在している。外国人客が多く訪れていたことを受けて、昭和初期に外国人向け洋式ホテル雲仙観光ホテルが建設された。

長崎から雲仙・小浜両温泉への交通路は、諫早までの鉄道から先は最初は船による航路が開かれ、次いで島原鉄道温泉軽便鉄道小浜地方鉄道が整備された。しかし後2社が合併した雲仙鉄道バスにシェアを奪われ、ほどなく廃線となった。

ソース画像を表示

アクセス

長崎市内より車で80分のところに位置する。

ソース画像を表示
所在地長崎県雲仙市小浜町雲仙
交通車 : 長崎自動車道諫早ICより車で60分
鉄道 : 長崎本線諫早駅よりバスで70分
飛行機 : 長崎空港よりバスで100分
泉質硫黄泉
  • 広告

コメント