筑後川温泉(ちくごがわおんせん)は、福岡県うきは市にある温泉

筑後川温泉(ちくごがわおんせん)は、福岡県うきは市(旧浮羽郡浮羽町、旧国筑後国)にある温泉

  • 広告
ソース画像を表示

泉質

ソース画像を表示

夏の鵜飼いで有名な筑後川沿いにある。
鮎料理などを肴に、湯上がりの一杯は格別。
温泉街近くの山ろくにはブドウやイチゴ、柿、梨などの果樹園が多く、フルーツ狩りが楽しめる。

ソース画像を表示

温泉「シルクの湯」は、ほんのり硫黄の香るアルカリ成分たっぷりのトロトロの湯で、様々な口コミで高い評価を頂いております。

  • 広告

温泉街

筑後川の中洲に温泉街が広がり、6軒の旅館が存在する。歓楽的な要素はあまりない。

西側に存在する原鶴温泉同様、筑後川での鵜飼いが有名である。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

歴史

開湯は1955年(昭和30年)である。川の水がぬるい場所があったことから、ボーリングを実施して温泉を掘り当てた。

開湯から13年後の1968年(昭和43年)11月19日には、国民保養温泉地に指定されている。

アクセス

所在地福岡県うきは市
交通鉄道 : 久大本線筑後大石駅よりタクシーで約5分
バス : 西鉄バス杷木バス停より徒歩約10分
泉質単純温泉放射能泉
泉温(摂氏34 – 40 °C
  • 広告

コメント