鬼首温泉(おにこうべおんせん)は、宮城県北西部、大崎市(旧鳴子町)の北にある温泉

鬼首温泉(おにこうべおんせん)は、宮城県(旧国陸奥国明治以降は陸前国)北西部、大崎市(旧鳴子町)の北にある温泉群。

  • 広告
ソース画像を表示

泉質

ソース画像を表示

温泉街

狭義の鬼首温泉には数軒の温泉宿泊施設と、1軒の共同浴場(現在は解体された)その他吹上高原キャンプ場やデイサービスセンターがある。

周辺にある、吹上温泉、轟温泉、宮沢温泉、神滝温泉(廃業)など複数の一軒宿温泉を含めて、鬼首温泉郷と呼ばれることもある。また鬼首温泉郷自身も、鳴子温泉郷の一部として紹介される事もある。

吹上温泉は間欠泉があり、10 – 15分毎に高さ15m – 20mの間欠泉が吹き上がる。

また、地熱が非常に高い地域であることから、地獄地帯が点在しているのも特徴。鬼首温泉街から北の山側に行くと吹上地獄谷、片山地獄、奥の院地獄、荒湯地獄、雄釜雌釜間欠泉(現在は噴出していない)などがある。吹上地獄谷では川沿いの遊歩道のすぐ側から100℃近い高温泉が次々と湧き出てきている光景を見ることができる。荒湯地獄は野湯としても有名である。片山地獄には地熱を利用した鬼首地熱発電所も存在する。

  • 広告
ソース画像を表示

歴史

延喜年間の延喜式神名帳によると、鬼首温泉に温泉神社があったことから開湯はそれ以前と考えられる。鬼首の地名の由来は坂上田村麻呂801年延暦8年)の蝦夷征伐の折に討伐した大武丸を斬首した時に、大武丸の首が飛んできた地であるとする伝説がある。大武丸の体が埋められた地は鬼死骸と呼ばれている。

かつては地獄地帯の高温泉を地元の人達が調理に使っていたという。

江戸時代には湯治場として栄え、江戸時代中期までは鳴子の地域で一番栄えた湯治場であったという。

1959年10月1日、奥鳴子・川渡温泉として、川渡温泉中山平温泉とともに国民保養温泉地に指定。

2008年公開の若松孝二監督の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』の主なロケ地に使われた。

  • 広告
ソース画像を表示
ソース画像を表示

アクセス

  • 広告

コメント