鶯宿温泉(おうしゅくおんせん)は、岩手県岩手郡雫石町にある温泉

鶯宿温泉(おうしゅくおんせん)は、岩手県岩手郡雫石町(旧国陸奥国、明治以降は陸中国)にある温泉

  • 広告
ソース画像を表示

個性あふれる温泉宿が建ち並んでいます。

四季折々の景観を楽しめる鶯宿川の渓谷沿いに、湯けむりをあげている鶯宿温泉。その歴史は開湯450余年を誇り、毎分三千数百リットルを超える豊富な湯量が湧き上がっていて、個性あふれる宿が建ち並んでいる。

ソース画像を表示

泉質

温泉街

鶯宿川の両岸に、21軒(2010年4月現在)のホテル旅館民宿が立ち並ぶ。規模の大きなホテルから、自炊部を備えた湯治を行える旅館まで存在する。

温泉街にはかつて、けんじワールドという屋内に海岸を再現した遊泳施設が存在し、日帰り入浴温泉施設も併設されていた。現在はガーデニング公園「フラワーガーデン森の風」にリニューアルされ、日帰り入浴については併設されている「ホテル森の風鶯宿」本館にて対応している。

鶯宿温泉観光協会に併設して町営の共同浴場があり、現在では町民以外の入浴も可能となっている。

  • 広告
ソース画像を表示
ソース画像を表示

歴史

開湯は天正年間の頃、約450年前とある。湯量の豊富な温泉であり、開湯伝説によれば、ウグイスが川床で傷を癒しているところを加賀国から移住してきた木樵「助」と名乗る男が発見したと伝えられ、以後は近郷の僧侶の助力もあり、庶民の湯治場として整備し、ウグイスの伝説に因み、鶯宿と名乗るようになった。

戦後は、盛岡市の急速な都市化に伴い、奥座敷としても発展していった。今日では昔ながらの湯治場のスタイルと比較的大規模な旅館が林立する行楽温泉の二面性を持っている。

2009年平成21年4月)に、温泉街中心部の廃墟旅館を撤去し、足湯のある「うぐいす湯の里公園」が開園した。現在1年間で約17,000人の来園者を数えている。

ソース画像を表示
ソース画像を表示
  • 広告
交通鉄道 : JR秋田新幹線雫石駅より乗合タクシー「あねっこバス」鶯宿線で「鶯宿温泉」下車。「あねっこバス」利用上の注意については「あねっこバス#利用情報」を参照。バス : JR・IGR盛岡駅東口10番のりばから岩手県交通鶯宿温泉線」で「鶯宿温泉」下車。車 : 東北自動車道盛岡ICから国道46号線経由で約35分。
泉質硫黄泉
泉温(摂氏57 – 62 °C
宿泊施設数23
ソース画像を表示

目の前に広がる雫石盆地と、遠くに連なる秀峰岩手山、秋田駒ヶ岳、姫神山などの名峰の数々。澄んだ夜空に映える満天の星空は、手を伸ばせは今にも届きそう。空が近く開放感あふれる空中露天風呂をご堪能ください。
和の情緒が漂う「和風風呂」と、ヨーロッパ調の「洋風風呂」は、夜と朝の男女入替えで両方ともお楽しみいただけます。日帰り入浴でもご利用いただけます。

  • 広告

コメント