古湯温泉(ふるゆおんせん)は、佐賀県佐賀市富士町(旧国肥前国)にある温泉

古湯温泉(ふるゆおんせん)は、佐賀県佐賀市富士町(旧国肥前国)にある温泉

  • 広告
ソース画像を表示

泉質

☆ぬる湯:母胎の羊水温度に近い38℃~40℃

ソース画像を表示

JR佐賀駅からは車で30分ほど。天河川のせせらぎを臨む静かな山郷に、“美人の湯”として親しまれてきた古湯温泉がある。湯の温度が約38℃と人肌に近いのが特徴で、体に負担をかけずに長時間ゆったりと湯浴みを愉しむことができる。

ソース画像を表示

温泉街

嘉瀬川と貝野川の合流部付近に広がる温泉街には、旅館が13軒存在しており、共同浴場は「古湯温泉センター」の一軒が存在する。

温泉街でのイベントは6月に蛍鑑賞会、7月に古湯温泉花火大会、9月に古湯映画祭など、その他にも多く開催されている。

  • 広告
ソース画像を表示

歴史

開湯伝説によれば、2200年前に秦の始皇帝の命令で、日本に不老長寿の薬を探しに来た徐福が発見したとされる。

古くから湯治場として知られた。斎藤茂吉青木繁郭沫若らの文人墨客も多く訪れた。

1966年昭和41年)7月22日熊の川温泉と共に国民保養温泉地に指定。

ソース画像を表示

アクセス

所在地佐賀県佐賀市富士町
交通鉄道:長崎本線佐賀駅よりバスで約45分
自動車:佐賀大和IC より車で約20分
泉質アルカリ性単純温泉
泉温(摂氏43 °C
宿泊施設数13
  • 広告

コメント