磯原温泉(いそばらおんせん)は茨城県北茨城市磯原町にある温泉

磯原温泉(いそばらおんせん)は茨城県北茨城市磯原町にある温泉

  • 広告 ■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
         ■お名前.com
ソース画像を表示

太平洋を望む長く緩やかな海岸線が続く磯原海岸。昭和6年(1931年)に湧出した磯原温泉。代表的な泉質はpH8.5の弱アルカリイオン泉で、湯をまろやかにするメタケイ酸を豊富に含み、肌触りが良く、ツヤツヤとした潤いを得られ、美肌になると評判。野口雨情ゆかりの地でみあり、近くには雨情の生家や野口雨情記念館などもある。温泉の泉質はナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩泉など。温泉の効能は神経痛、筋・関節痛、打撲、捻挫、冷え性、慢性婦人病、月経障害、不妊症、病後回復など。二ッ島や天妃山など景勝地も点在する。

ソース画像を表示

泉質

温泉街

磯原駅から少し離れた磯原海岸沿いに3軒の温泉旅館と温泉を持たない民宿が1軒存在する。

一部の旅館で日帰り入浴も扱っている。

ソース画像を表示

歴史

昭和6年、旅館「としまや月浜の湯」の創業者である渡邊年之介が磯原海岸の先にある天妃山の麓に井戸を掘ったところ、温泉が湧出した。

翌年、その旨を創業者の親友である野口雨情(日本三大童謡詩人)に伝えたところ、その温泉を「磯原小唄」で紹介し、広く世に知られることとなりました

アクセス

ソース画像を表示
所在地茨城県北茨城市磯原町
交通鉄道:JR常磐線磯原駅から車で3分
車:常磐自動車道北茨城ICより車で7分。
泉質含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(硫化水素型)
泉温(摂氏20 °C
宿泊施設数3

コメント