湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)は、岡山県加賀郡吉備中央町豊岡下にある温泉

湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)は、岡山県加賀郡吉備中央町豊岡下にある温泉である。

ソース画像を表示

川床から温泉が沸き出す湯場として、古くから親しまれています。
泉質は硫黄鉱石アルカリ性単純泉。
僅かに白濁したアルカリ泉でヌルヌル感があり硫黄臭が特徴の源泉掛流し湯。

f:id:ayumu27:20190813222546j:image

中国山地と南部平野の中ほどに位置し、豊岡川沿いの静かな温泉地。川床から温泉が湧き出す湯治場として親しまれてきた温泉で、泉源は270年前に発見されている。現在の一軒宿の温泉施設は、大正時代に創業した歴史を誇っている。温泉は肌にやさしく、僅かに白濁しているが、ヌルヌル感があり中国地方には珍しい硫黄臭が特徴の源泉掛流し湯。蛇口からは、冷泉と沸かした源泉が出るので、それらを合わせながら、お湯加減を調整する。夏には螢の乱舞も見られ静かなことこの上ない。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉(硫黄鉱泉アルカリ含有)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷性、動脈硬化、打身、皮膚病etc。

ソース画像を表示

泉質

  • アルカリ性単純温泉
  • 泉温 29℃
  • ヌルヌルした触感で、ほのかに硫黄臭が香る。源泉温度が低いため、加温している。

温泉地

吉備高原の山あいに、一軒宿の「湯の瀬温泉」が立地している。浴室は内湯のみで、日帰り入浴可能。

猪肉や川魚を使った料理を提供している。旅館の裏手には、豊岡川が流れている。近くには、小森温泉がある。

夏にはホタルが舞う川沿いの温泉旅館

川床から温泉が沸き出す湯場として、古くから親しまれています。泉質は硫黄鉱石アルカリ性単純泉。僅かに白濁したアルカリ泉でヌルヌル感があり硫黄臭が特徴の源泉掛流し湯。

ソース画像を表示

歴史

1921年大正10年)、開湯とともに、創業。

アクセス

所在地岡山県加賀郡吉備中央町豊岡下
交通電車:JR山陽本線岡山駅からバスで70分
車:岡山自動車道賀陽IC下車約25分
泉質アルカリ性単純温泉
泉温(摂氏29 °C
宿泊施設数1

コメント