鰻温泉(うなぎおんせん)は、鹿児島県指宿市(旧国薩摩国)の鰻池湖畔にある温泉

鰻温泉(うなぎおんせん)は、鹿児島県指宿市(旧薩摩国)の鰻池湖畔にある温泉

  • 広告 ■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
         ■お名前.com
ソース画像を表示

泉質

ソース画像を表示

効能

  • 皮膚病、神経痛、病後回復
ソース画像を表示

まだまだ知られていない、指宿の秘湯「鰻温泉」。ガイドツアーで西郷どんの愛した温泉にゆっくりと浸って、西郷どんの足跡と歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょう。

ソース画像を表示

温泉地

江戸時代から続く温泉。鰻池の北東部に集落があり、公衆浴場と民宿がある。噴気活動が盛んで高温の噴気を利用したスメと呼ばれる蒸し器が炊事に利用されている。

歴史

江戸時代後期の地誌『三国名勝図会』に記載されており、皮膚病に効能があるとされていた。西郷隆盛が愛好したと伝えられており[1][3]1874年明治7年)には約1ヶ月間滞在し、記念に残された襦袢が今も保管されている。佐賀の乱に敗れた江藤新平が逗留中の西郷に決起を促すために訪れ、会談を行ったことでも知られる。1901年(明治34年)3月に公衆浴場が開設された。

アクセス

ソース画像を表示
所在地鹿児島県指宿市山川成川

コメント