宮山温泉(みややまおんせん)は、群馬県利根郡川場村にある温泉

宮山温泉(みややまおんせん)は、群馬県利根郡川場村にある温泉

ソース画像を表示

泉質

温泉地

県道64号道の駅川場田園プラザに向かう途中の山あいに、温泉民宿「休み石」が存在する。

日帰り入浴不可で、宿泊者のみ入浴可能。建物は宮大工だった主人が木にこだわって、建築された。

浴室は内湯のみ。宿の名物は女将が作るもつ鍋である。

ソース画像を表示

歴史

開湯は約30年前。当時の川場村は水道・電気も整備されていなかったため、井戸水を頼りにしていた。

民宿を営む主人達は10年後に行われた土地整備で井戸水が出なくなり、生活に困っていた。そこでもう一度、井戸を掘ろうと主人が試みるも水は出てこない。そこで弘法大師ゆかりの能満山虚空蔵堂に参拝。

再び掘ったら、水が。しかし、水質検査を行った結果、温泉が湧出した。

民宿休み石の浴場の画像

アクセス

所在地群馬県利根郡川場村生品
交通鉄道 : 上越線沼田駅よりバスで20分。
泉質ナトリウム塩化物冷鉱泉
泉温(摂氏23.1 °C
pH8.5
液性の分類弱アルカリ性
浸透圧の分類低張性
宿泊施設数1

コメント