平戸温泉(ひらとおんせん)は、長崎県平戸市にある温泉

平戸温泉(ひらとおんせん)は、長崎県平戸市にある温泉

ソース画像を表示

平戸市には古くから、空海伝説のある田ノ浦温泉が存在してしていた。現在の平戸温泉は比較的新しい温泉で、平成12年(2000年)に平戸温泉給湯センターが完成し、市内中心街のホテルに温泉を供給している。平戸温泉の温泉は42.1度、1日に288tの湧出量を誇り、温泉は透明で、無味無臭、泉質は弱アルカリ性ナトリウム炭酸水素塩泉、効能は神経痛、筋肉痛、皮膚炎、冷え性など。歴史ある平戸の温泉は、ホテルも歴史があり、風景も素晴らしい。また海沿いにあり、海の温泉の効果を最大限に引き出した温泉である。温泉の泉質は炭酸水素塩泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病etc。

ソース画像を表示

泉質

温泉街

オランダとの貿易で繁栄した平戸島各地に宿泊施設が広がっている。

そのうち、温泉を引く宿泊施設は7軒点在する。一部の宿泊施設で日帰り入浴も受け付けている。

全て源泉は島北部にある「平戸温泉給湯センター」からタンクローリーを通じて、各旅館・ホテルに供給している。

温泉宿泊施設

その他の温泉施設

ソース画像を表示

歴史

  • 2000年平成12年)- 「平戸温泉給湯センター」が完成し、旅館・ホテルに供給するようになった。

アクセス

ソース画像を表示
所在地長崎県平戸市
交通松浦鉄道西九州線たびら平戸口駅より平戸大橋経由、車で20分。
泉質ナトリウム炭酸水素塩泉
泉温(摂氏35 °C
pH8.3
浸透圧の分類低張性
宿泊施設数7(温泉宿泊施設)

コメント