湯沢温泉(ゆさわおんせん)は、新潟県岩船郡関川村にある温泉

湯沢温泉(ゆさわおんせん)は、新潟県岩船郡関川村にある温泉。荒川沿いにある高瀬温泉雲母(きら)温泉鷹ノ巣温泉、桂の関温泉と併せてえちごせきかわ温泉郷を構成している。

ソース画像を表示

泉質

温泉街

荒川右岸側、湯蔵山の麓に湧く温泉。現在は、昔ながらの木造温泉宿が数軒並ぶ湯治向けの湯である。

ソース画像を表示

伝説

湯沢温泉は、この温泉郷で最も古いいで湯と言われ、800年前の鎌倉時代の開湯と伝わる。須貝刑部という人物が熊を追っている際、その熊が外傷を癒やしているのを発見し、湯屋を設けたという伝説が残る。

ソース画像を表示

歴史

  • 現在の湯沢が、慶長2年(1597)の越後国瀬波郡絵図に、温かい水である「湯」の流れがある村を意味する「遊村」と記されている。
  • 正保越後国絵図の控え(1645)では、湯沢村とある。
  • ⼀本堂藥選(1738) に湯澤の湯が記載されている。
  • 高橋は、温泉番付の「越後塩沢の湯」は関川村の湯沢温泉であるとした。
  • 桜田門外の変の実行犯の一人である水戸浪士の関鉄之介は、変翌年の文久元年(1861年)に湯沢温泉で潜伏していたところ、水戸藩士に捕えられた。
  • 吉田は湯澤の項目で、湯澤温泉のことである薬師湯は温百三十度(54.4℃)と記録している。
ソース画像を表示

アクセス

ソース画像を表示
所在地新潟県岩船郡関川村
交通日本海東北自動車道 荒川胎内ICより約16 km、約20分
泉質1号井:単純温泉(低張性 中性 高温泉)
2号井:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)
泉温(摂氏1号井:29℃
2号井:55℃

コメント

タイトルとURLをコピーしました