浜坂温泉(はまさかおんせん)は兵庫県美方郡新温泉町にある温泉

浜坂温泉(はまさかおんせん)は兵庫県美方郡新温泉町にある温泉国民保養温泉地に指定される浜坂温泉郷を構成する温泉の一つ。

  • 広告  
ソース画像を表示

概要

名勝但馬御火浦の内陸に位置する温泉で、源泉1978年3月に地下水源を得るためのボーリング工事中に偶然発見された。

1980年に浜坂町議会の「地域給湯」決定を経て、1981年に国の省エネルギーモデル事業の第1号として開湯した。

1982年6月1日には、浜坂町内の旅館民宿、医療機関、保養施設、一般家庭など約800戸への温泉配湯工事が完了した。温泉配湯戸数は全国一である。

中心街で古い家並が残る味原川周辺は、浜坂味原川周辺地区歴史的景観形成地区として景観形成地区に指定されている。

ソース画像を表示
  • 広告

温泉街の施設・名所

ソース画像を表示

兵庫県北部西端に位置する新温泉町の海側に湧き出る浜坂温泉。ここに泉質や湧出温度の違う、七釜・二日市の3つの温泉の総称が浜坂温泉郷。開湯は、昭和50年代に冬場の道路に積もる雪を溶かす為に水を掘削していたら温泉が湧出したが始めと云われている。毎分約810リットル湯量を誇り、昭和56年(1981年)には国の省エネルギーモデル事業の第1号として誕生。町内に延長18kmのパイプを引いて湯宿や家庭へ引湯されている。また、全国屈指の松葉ガ二の水揚げ量を誇り、冬はカニ料理が堪能できる。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム−塩化物温泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復など。

ソース画像を表示

アクセス

ソース画像を表示
ソース画像を表示

温泉水 飲み場(浜坂温泉)

所在地〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
座標北緯35度37分15.2秒 東経134度27分10.1秒
交通空路 – 但馬空港
鉄道 – JR西日本山陰本線浜坂駅
バス – 大阪・神戸から全但バス夢千代号で「湯村温泉」下車、浜坂行バスに乗り換えて「浜坂」下車
泉質塩化物泉(ナトリウムカルシウム
液性の分類弱アルカリ性
宿泊施設数22(旅館14、民宿7、保養所1)

コメント

タイトルとURLをコピーしました