朝里川温泉(あさりがわおんせん)は、北海道小樽市にある温泉

朝里川温泉(あさりがわおんせん)は、北海道小樽市にある温泉

ソース画像を表示

泉質

温泉街

1954年昭和29年)開湯。朝里川河口から約4キロメートル上流の畔に8軒の旅館ホテル小樽朝里クラッセホテルかんぽの宿小樽など)が立地するほか、貸し別荘やオートキャンプ場も整備されている。スポーツ施設も整備されており、夏場はテニスゴルフを、冬場は朝里川温泉スキー場でスキーを楽しむことができる。日帰り温泉専用施設として温泉街入口付近に「湯の花 朝里殿」がある。

ソース画像を表示

小樽市街地の南西に位置し、朝里川沿いの山間に広がる朝里川温泉。開湯は昭和29年(1954年)と比較的新しく、8軒の旅館とホテルが点在している。共同浴場は1軒あり、古い民家を思わせる外観が特徴。源泉は無色透明で刺激が少なく、肌に優しいと女性客にも評判。また朝里川温泉は小樽の奥座敷として親しまれ、観光の拠点にも便利。夏のテニスやゴルフ、冬のスキーとスポーツ施設も整っている。温泉の泉質は塩化物泉(カルシウム・ナトリウム-塩化物泉ほか)。源泉温度30〜42℃。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ、くじき、冷え症、切り傷、火傷、美肌効果、疲労回復、慢性消化器病など。平成14年(2002年)の新源泉開発で、既存の源泉へ影響が発生し、同年12月16日〜26日の間温泉が供給できなかった。その間は水道水を貯湯槽に貯めて配湯した為、この行為が温泉偽装問題で報じられた。

ソース画像を表示

北海道小樽市に湧く「朝里川温泉」。小樽の奥座敷として親しまれ、朝里川沿いに閑静な湯宿が軒を連ねています。 ゴルフ場やスキー場、オートキャンプ場などのアクティビティ施設も充実。小樽の中心エリアから車で約20分とアクセスも良く、小樽観光の拠点としても人気の温泉地です。そんな朝里川温泉には、日帰り入浴を楽しめる旅館や施設も充実しています。

ソース画像を表示

アクセス

バス

マイカー

その他

  • 2002年平成14年)11月より実施した新源泉開発の際に既存の源泉に不具合が発生し、2002年12月16日より10日間にわたって温泉の供給ができなかったため、水道水を貯湯槽に貯めて配湯した。
  • 2014年(平成26年)12月4日1957年創業の桜並木の日本庭園で有名な老舗温泉旅館『小樽朝里川温泉 宏楽園』が出火、ボイラー室が火元とみられ宿泊客と従業員は全員避難したものの本館はほぼ全焼した。その後、2016年4月9日に1年5か月ぶりに再開した。
ソース画像を表示
所在地北海道小樽市

コメント

タイトルとURLをコピーしました