大芦高原温泉(おおあしこうげんおんせん)は、岡山県美作市上山にある温泉

大芦高原温泉(おおあしこうげんおんせん)は、岡山県美作市上山にある温泉である。

  • 広告 ■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
         ■お名前.com
ソース画像を表示
大芦高原温泉 雲海

大芦高原を一望しながら入浴でき、秋から冬には雲海が眺められる

地下1500mから汲み上げる温泉。標高500mの高台に位置し、露天風呂では大芦高原の雄大な眺望を楽しみながら入浴できる。秋から冬にかけては、あたり一面に広がる雲海の眺めが素晴らしい。

ソース画像を表示

泉質

温泉地

美作市街地から十数キロ離れた「大芦高原」と呼ばれる森林地帯宿泊施設キャンプ場スポーツ施設を併設した「大芦高原温泉 雲海」が一軒存在する。

日帰り入浴可能。宿泊棟はバンガローのみ。

ソース画像を表示

雲海が美しいことで知られ、標高500mに位置する大芦高原高原。その高原の地下1,500mより湧出する温泉。約1,200年前に白鷺が傷を癒している所を、円仁法師が見つけたとされ、別名「鷺の湯」とも云われる古湯。美作三湯の中でもっとも京阪神地区に近く、観光客の足が絶えることはない。肌がツルツルになると、地元でもファンが多く評判。また周辺には、癒しの設備とアウトドアリゾートを楽しむことができ、バンガローに宿泊も可能で、ミニ動物園や屋外遊具広場、テニスコート、体育館、グラウンドゴルフ場、夏季はレジャープールなど多くの施設が完備。温泉は平成25年(2013年)にリニューアルし、オーベルジュにに変更。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性低温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打身、慢性消化器病、痔疾、冷症etc。

ソース画像を表示

アクセス

自動車

鉄道

所在地岡山県和気郡和気町
交通電車:JR山陽本線和気駅から車で30分
車:山陽自動車道賀陽IC下車約30分
泉質アルカリ性単純温泉
泉温(摂氏31.8 °C
湧出量毎分240リットル
pH9.4
液性の分類アルカリ性
浸透圧の分類低張性
宿泊施設数1

コメント

タイトルとURLをコピーしました