菊池温泉(きくちおんせん)は、熊本県菊池市の中心部、隈府一帯にある温泉

菊池温泉(きくちおんせん)は、熊本県菊池市の中心部、隈府一帯にある温泉。泉質は弱アルカリ性で肌によいため「化粧の湯」と呼ばれる。湯量が豊富。

  • 広告 ■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
         ■お名前.com
ソース画像を表示

泉質

柔らかくヌルヌルすべすべとした肌触り。良質で肌に吸いつくような濃厚な湯で、美肌効果があると言われる。そのことから「乙女の肌」ともいわれる。

ソース画像を表示

熊本の奥座敷となっている比較的新しい温泉

熊本市の北に位置する菊池市にあり、45度を保つ弱アルカリ性の湯量豊富な温泉である。美容、神経痛、リウマチに効能がある。近くには景勝地の菊池渓谷があり、阿蘇から流れ出す伏流水が流れ込むその流れは日本の名水百選にも数えられている。その水が温泉としても湧き出しているのである。

ソース画像を表示

温泉街

約40軒の旅館が存在する。

温泉街では「周湯券」という湯巡手形を発行しており、1000円で3カ所の温泉を楽しむことができる。

歓楽街的要素が強いことで知られ、従来は男性客、団体客がコンパニオンを呼ぶ宴会型の温泉地であった。そのため最近の女性客、個人・家族客中心の保養型志向の流れの中で伸び悩み、宿泊客数は平成元年の約44万人をピークに減少を続けている。

そこで地元では、女将が中心となって「おしどり夫婦の里」づくりを進め、「わいふ(隈府、ワイフ=妻)の湯」「美肌の湯」をうち出すなど方向転換とイメージアップをはかっている。

また歴史的街並みを保存しようと住民が景観形成協定を結び、景観整備に取り組んでいる。隈府の町中を流れている築地井手を一部復元した水辺空間や、しゃれた店舗等も少しずつ整備されてきている。街路灯にも菊池一族の並び鷹の羽の紋章や菊池千本槍をイメージした斬新なデザインのものが設置されるなど、歴史的町並みづくりへの取組みも進められている。

ソース画像を表示

歴史

隣の山鹿温泉が古くから知られているのと比べると歴史は浅く、開湯は1954年(昭和29年)である。熊本市奥座敷として栄えた。

2006(平成18)年11月には、菊池川流域の玉名温泉山鹿温泉植木温泉の3温泉地とともに「菊池川温泉郷づくり協議会」を発足させ、「菊池川温泉郷」ブランド化を目指して共通商品や広域観光ルートの開発などに取り組んでいくことになった。

ソース画像を表示

アクセス

ソース画像を表示
所在地熊本県菊池市
座標北緯32度59分2秒  東経130度48分57秒
交通鹿児島本線熊本駅より熊本電鉄バスで約70分または豊肥本線肥後大津駅より熊本電鉄バス・産交バスで約40分
泉質単純温泉
泉温(摂氏45 °C
液性の分類アルカリ性

コメント

タイトルとURLをコピーしました