小城温泉(おぎおんせん)は、佐賀県小城市小城町岩蔵にある温泉

小城温泉(おぎおんせん)は、佐賀県小城市小城町岩蔵にある温泉

  • 広告 ■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
         ■お名前.com
ソース画像を表示

泉質

ソース画像を表示

佐賀市街の西北に位置し、九州の小京都と称される小城市にある一軒宿の温泉。温泉は昭和39年(1964年)に、地下約370mまで掘削したものだが、それ以前にも大正の初めに、祇園川河畔に温泉が湧出しているのが見つかり、保養所として親しまれてきた長い歴史がある。温泉の湯は、無色透明で癖が無く、ヌルヌルとした感触で美肌効果が高い温泉。小京都・小城の名物は小城羊羹と鯉料理。昭和46年(1971年)の温泉分析書しか無かったが、平成21年(1991年)に新しい温泉分析書が掲示された。温泉の泉質はナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)。温泉の効能は美肌効果、切り傷、神経痛、筋肉痛、疲労回復、冷え性、慢性消化器病、慢性皮膚病、五十肩、火傷etc。

温泉地

九州の小京都と呼ばれる小城市街地に位置。

嘉瀬川水系の祇園川沿いに一軒宿の「開泉閣」が存在する。日帰り入浴可能。名物は地元名産の料理である。

歴史

最初は大正時代初期に温泉が湧出していたが、1964年昭和39年)、ボーリングによって地下370メートルから温泉が湧出した。

アクセス

ソース画像を表示
所在地佐賀県小城市小城町岩蔵
交通鉄道 : 唐津線小城駅より車で約7分
他のアクセス方法は、下のアクセスを参照のこと
泉質アルカリ性単純温泉
泉温(摂氏27 °C
pH7.9
液性の分類アルカリ性
浸透圧の分類低張性
宿泊施設数1

コメント

タイトルとURLをコピーしました