山の神温泉(やまのかみおんせん)は、長野県長野市(旧国信濃国)善光寺にある温泉

山の神温泉(やまのかみおんせん)は、長野県長野市(旧国信濃国善光寺にある温泉

  • 広告  
ソース画像を表示

国宝の善光寺を見下ろす小高い丘の上にある山の神温泉。俳人小林一茶も立ち寄ったとされる140年の歴史を誇る和風の一軒宿で、長野市街を一望する眺望の美しい宿で知られる。そこから見る夜景と、彩り豊かに表情を変える善光寺の四季が人々を魅了する。湯は24時間利用可能な鉱泉だが、じっくり湯に浸かりたい人には最適で小林一茶も訪れたことがあると伝わっている。また名物料理は肉、野菜、きのこなどをオイルで揚げる和食チロリアンフォンデュ。温泉の泉質は単純温泉。温泉の効能は神経痛、リウマチ、冷え性、胃腸病など。

ソース画像を表示

泉質

  • アルカリ性単純温泉
    • 湧出温度15℃の冷鉱泉である。

温泉街

長野市街の北側の高台に、一軒宿の「山の神温泉」が存在する。旅館からは善光寺とその境内が一望できる。

ソース画像を表示

歴史

開湯は140年前とされる。小林一茶も訪れたことがあると言われる。

アクセス

  • 鉄道 : 北陸新幹線長野駅よりバスで約10分で深田町バス停へ。ここより徒歩で約10分。旅館専用バスでの送迎あり。
ソース画像を表示
所在地長野県長野市
交通鉄道 : 北陸新幹線長野駅よりバスで約10分で深田町バス停へ。ここより徒歩で約10分
泉質単純温泉
泉温(摂氏15 °C
液性の分類アルカリ性
宿泊施設数1

コメント

タイトルとURLをコピーしました