敦賀トンネル温泉(つるがトンネルおんせん)は、福井県敦賀市にある温泉

敦賀トンネル温泉(つるがトンネルおんせん)は、福井県敦賀市にある温泉の名称である。

ソース画像を表示

泉質

ソース画像を表示

敦賀市内にある温泉です。昭和35年、旧国鉄が北陸線の拡張のため、北陸トンネルを工事していた際にお湯が湧き出し、このお湯をトンネルから出た事でトンネル温泉と名付けたそうです。

現在は「北国グランドホテル」にて、敦賀トンネル温泉を楽しむことができます。海側の客室や奥ロビー、大浴場からは敦賀の街や奥の敦賀湾を臨むことができます。源泉は25℃程度しかないため、過熱しています。

ソース画像を表示
  • 広告

温泉地

現在、宿泊を伴う入浴の場合は北国グランドホテルがある。入浴だけなら敦賀きらめき温泉リラ・ポートを利用することができる(2020年時点無期限で営業休止中)。なお、かつては国民宿舎敦賀荘でも温泉に浸かることができたがこちらは閉鎖された。

いずれの施設も市東部の山の中腹にあるので、好天時には市街地はもちろんのこと敦賀湾も望むことができる。

ソース画像を表示

歴史

1957年に着工した北陸トンネルの掘削工事中、1960年に湧出した。北陸トンネルの工事が始まる以前は、北陸トンネルの真上に位置する新保地区において湧き出ていたが、工事後水脈が変わったことで枯れてしまい新保地区からは出なくなったと言われている。現在、温泉は敦賀市の管理下にある。

アクセス

所在地福井県敦賀市

コメント

タイトルとURLをコピーしました