倉敷由加温泉(くらしきゆかおんせん)は、岡山県県南の倉敷市児島由加にある温泉

倉敷由加温泉(くらしきゆかおんせん)は、岡山県県南の倉敷市児島由加にある温泉

ソース画像を表示

露天風呂に浸かり四季の景色を愛でる。湯上りに、ひと手間もふた手間もかけた山海の美味をいただく。日常を忘れ、贅沢な時間が流れる大人の隠れ宿です。

ソース画像を表示

泉質 

温泉地 

倉敷市街地から15キロ離れた由加山山腹に、一軒宿の「倉敷由加温泉ホテル 三桃花」が存在する。

日帰り入浴可能。夕食は海や山の幸を使った旬の創作料理が提供される。

ソース画像を表示

歴史 

開湯は平安時代鎌倉時代に俊乗坊重源上人によって、温泉が広く知られるようになった。霊験あらたかな温泉との言い伝えをもとに、大正3年(1914年)に、国の東京衛生試験所で成分分析の結果「単純放射能泉」の効能が改めて科学的に証明された。

  • 1993年(平成5年)- 「倉敷由加温泉ホテル 三桃花」開業。

アクセス 

鉄道 

自動車 

ソース画像を表示
所在地岡山県倉敷市児島由加3285
座標北緯34度30分6.42秒 東経133度50分55.01秒
交通山陽本線倉敷駅より車で30分。
泉質単純弱放射能冷鉱泉
泉温(摂氏18.8 °C
pH6.7
液性の分類中性
浸透圧の分類低張性
宿泊施設数1
  • 広告  

コメント

タイトルとURLをコピーしました