熊入温泉(くまいりおんせん)は、熊本県山鹿市にある温泉

熊入温泉(くまいりおんせん)は、熊本県山鹿市にある温泉

  • 広告 ■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
         ■お名前.com
ソース画像を表示

泉質

温泉街

山鹿市の中心市街地から北へ約1.5キロの田園地帯にある温泉である。

立ち寄り湯として「熊入温泉センター」がある。熊入温泉センターには家族風呂も存在する。旅館は1軒存在する。

ソース画像を表示

歴史

菊池武時の家臣・八幡弥四郎が発見したとされる。近世には既に今でいう共同浴場があったとされ、明治時代までは近郊の人々が訪れる温泉であった。今日では、素朴な温泉情緒で知られ、熊本県県北地域をはじめ福岡県からも湯治客が訪れる。

ソース画像を表示

山鹿市の中心市街地から北へ約1.5キロ。
のどかな田園地帯に囲まれた『熊入温泉センター』は
長きに渡って地元・山鹿の人々に愛されてきました。
昔ながらの共同浴場スタイルで、3段階の湯温を楽しめる浴槽が特徴。
ヌメリのある無色透明の湯が、心と体をジンワリ温めてくれます。

ソース画像を表示

山鹿市街地より少し北、素朴な温泉情緒が人気を呼び、県内外からの湯治客が多く訪れる熊入温泉。約700年前の延元年間の頃、菊池武時公の家臣で、八幡弥四郎が発見したと伝えられている。天正年間(1573年~1591年)には、無料で入れる平湯として定着。明治20年(1887年)頃までは近在の人や旅人の憩いの場として親しまれていた温泉。温泉は綺麗に澄んだ無色透明の湯で、ほんのりと甘く、なめらかな肌触りになる。また飲用すると胃腸病に効くと、昔から云われている。毎年、桜の季節には、の倉塚公園で桜まつりが開催さしている。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉。温泉の効能は神経痛、リウマチ、皮膚病、疲労回復etc。

所在地 日本 熊本県山鹿市
座標北緯33度01分17.7秒 東経130度41分08.3秒
泉質単純温泉
泉温(摂氏36 – 45 °C
液性の分類アルカリ性
  • 広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました