荒川温泉(あらかわおんせん)は、長崎県五島列島の福江島(五島市玉之浦町)にある温泉

荒川温泉(あらかわおんせん)は、長崎県五島列島福江島五島市玉之浦町)にある温泉

ソース画像を表示

泉質

温泉街

宿泊施設は4軒、共同浴場は1軒「荒川温泉」が存在する。

ソース画像を表示

歴史

開湯は1913年大正2年)の11月である。この地に住んでいた山下という少年が発見したという。その後温泉開発がなされていった。

アクセス

福江島の西海岸に位置し、玉之浦湾にある荒川漁港周辺に温泉街が広がる。

ソース画像を表示

日本最西端の温泉地で、ゆったり足湯に浸かる。

高浜海水浴場から南へ5kmほど離れたところにある玉之浦町の荒川温泉は、
安政3年(1856年)に発見された、日本で最も西にある温泉地です。
古くは湯治客で賑わっていたそうですが、現在は海沿いのひなびた集落といった風情で、
一歩路地を入ると食堂やスナックなど、
まるで映画のセットのような味のある建物が軒を連ねています。
2010年にオープンした県道沿いにある足湯は、
古くなったバスの待合所をリニューアルしたもの。
今でもバス停としての機能も果たしており、
足湯スペースと待合所スペースに分かれています。

ソース画像を表示
所在地長崎県五島市玉之浦町
交通船 : 福江港よりバスで約50分
飛行機 : 福江空港よりタクシーで約30分
泉質塩化物泉
泉温(摂氏73 °C
宿泊施設数4

コメント

タイトルとURLをコピーしました