白雲谷温泉(はくうんだにおんせん)は、兵庫県小野市にある温泉

白雲谷温泉(はくうんだにおんせん)は、兵庫県小野市にある温泉

  • 広告 ■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
         ■お名前.com
ソース画像を表示

泉質

適応症

ソース画像を表示

白雲谷池の美しい自然と良質の温泉を堪能できる癒やしのスポット

地下1300mに眠る太古の海から湧き出すミネラル豊富な湯は、温泉ファンの注目度大。高台にありながら、白雲谷池のほとりという美しいロケーションを最大限に生かした個性豊かな施設。

白雲谷温泉ゆぴかは兵庫県内11位の人気の高い温泉です。

ソース画像を表示

大自然の懐に抱かれた、やすらぎの別天地

森の眺めが自慢でドーム型の風呂を持つ「森の湯」は露天風呂に迫力のある大屋根が付いた”こかげの湯”を、水辺の眺めが美しい「水辺の湯」は湯面と景色が一体化する“インフィニテイバス”を新設、また福祉風呂の「白雲の湯」などもあり、より快適に過ごしていただけるようになりました。

施設内には、18種類の単独ベッド式の岩盤浴や足湯、レストランなどがあり、たくさんの人で賑わう大人気スポットです。

ソース画像を表示

温泉地

日帰り入浴施設であり施設名は「白雲谷温泉ゆぴか」。地下1,300mの三木断層中生代の生野層群)から湧出、白雲谷池ほとりからであったことによる命名。

建物の設計者は昭和設計。外観はコンクリート打ちっ放しで入口には巨大な角材を組んだアーチの連続する長いアプローチが来客を迎えるのが印象的。形状を利用した建築であり、浴室は一段下がって位置するため玄関方向から建物全体は見えない。露天風呂の裏のすぐ裏側が野池(白雲谷池)となっており、湯船から俯瞰できる。また足湯も設置され、無料で利用できる。建物内部にはそろばん神社が祀られる。駐車場の収容力があるため、来客者が多い。

和食レストラン「白雲谷」(営業時間10:30-22:00)および地元物産も扱う売店が併設される。 2019年12月24日のリニューアルオープン後は、レストランが和食レストラン「獅子銀」に経営変更された。

歴史

  • 2004年3月 日帰り入浴施設 開業。設計者は昭和設計。
  • 2008年5月1日岩盤浴施設 誕生。
  • 2019年12月24日大幅なリニューアルを行い、景色と湯船が一体化して見える「インフィニティバス」が登場した。

その他

地元小野市出身の小林祐梨子選手もよく訪れる。

ソース画像を表示

アクセス[ソースを編集]

神戸電鉄粟生線の市場駅から歩けば30分、JR西日本加古川線の市場駅から歩けば15分となる。
神戸電鉄線からの最寄駅は市場駅であるが、市場駅からはバスはない。

ソース画像を表示
所在地兵庫県小野市
座標北緯34度49分13.3秒 東経134度55分30.3秒
交通車:山陽自動車道三木小野インターチェンジより車で約10分
鉄道:JR西日本加古川線市場駅より小野市内循環バス「らんらんバス」乗車約7分
泉質塩化物泉
泉温(摂氏25.6 °C
湧出量毎分80L
pH6.77

コメント

タイトルとURLをコピーしました