鷹巣温泉(たかすおんせん)は、福井県福井市蓑町にある温泉

鷹巣温泉(たかすおんせん)は、福井県福井市蓑町(旧国越前国)にある温泉
福井市では数少ない高温の自家源泉を持ち、市内で唯一の非加水・非加熱・非循環(源泉掛け流し)・消毒剤(塩素)非使用の温泉である。 福井市が掘削し、国民宿舎鷹巣荘の宿泊客が主に利用していたが、指定管理者制度を設置し現在は貸切風呂として許可が降りており、日中でも日帰り入浴が可能である。

ソース画像を表示

日本海の荒波打ち寄せる岸壁の上に、平成4年(1992年)に湧出した比較的新しく、国民宿舎の中に位置する鷹巣温泉。周辺は越前加賀海岸国定公園に指定され、日本でも屈指の透明な海水と磯・浜の美しい海岸を誇っている。源泉温は約51度と高く、無色透明でかすかに硫黄の香りが漂うのが特徴。また加熱加水しないで引湯しており、効能が高いと評判で、浴後は肌にも優しく、保温性にも優れている。温泉の泉質はアルカリ単純泉。温泉の効能は神経痛、火傷、皮膚病、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、疾病、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、動脈硬化症、きりきず、慢性皮膚病など。

ソース画像を表示

泉質

  • アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)
  • 加水無、加温無、飲用/可

温泉街

  • 越前海岸に立地する国民宿舎「鷹巣荘(たかすそう)」がある。

※建築から42年を経過した施設の老朽化を理由に2013年以降に現在の建物を取り壊すと福井市は(2011年に)方針を明らかにしていた。 『今後については「市が温泉の源泉の権利を保有しているので、入浴施設を市が整備し(管理運営は)指定管理者に委ねるという手法、施設を市が造るのでなく民間活力を利用する手法もある」と選択肢を提示。地元からは温泉施設を何らかの形で存続するよう要望があり、今後さらに検討を重ねるとした。』と福井新聞では報じている。 その後、検討を重ね福井市は鷹巣荘の営業を一旦2013年3月31日で終了し、施設の改修を行ったのち2014年10月28日より営業を再開した。

ソース画像を表示

アクセス

所在地福井県福井市蓑町22字17番1
座標北緯36度7分43.2秒 東経136度3分27.9秒
交通鉄道 : 福井駅から路線バスで50分
車:北陸自動車道福井北ICより45分
泉質アルカリ性単純温泉アルカリ性低張性高温泉
泉温(摂氏49 °C
湧出量140L/分
pH9.13
宿泊施設数1

コメント

タイトルとURLをコピーしました