湯の口温泉(ゆのくちおんせん)は、山口県美祢市美東町にある温泉

湯の口温泉(ゆのくちおんせん)は、山口県美祢市美東町にある温泉

奈良時代聖王第3皇子である琳聖太子が、秋吉台に近い当地で効能のある温泉を見つけたことから、その湯の口に吉祥天女を祀った、という伝承がある。

泉質

  • 非療養泉のため分析書の表示は「なし」となるが、フッ化物イオンの含有量により温泉法上の温泉に該当する。
    • 源泉温度が低いため加温。露天スペースに源泉水風呂がある。
ソース画像を表示

奥熊野にある深山幽谷の湯治場

手つかずの自然が多く残る奥熊野の「湯元山荘」。南北朝時代、後醍醐天皇の命令により金山を開発した際に発見され、湯治場として多くの人々の心と体を癒してきた。源泉掛け流しの良泉に入り、肩こりがとれたなどの声が多くリピーターも多い。客室は自然のなかに溶け込んだバンガローやコテージなどタイプもさまざま。澄み切った空気を取り込みながらゆったりとステイできる。

ソース画像を表示

■湯量豊富な源泉かけ流しの秘湯■

完全源泉かけ流し、加水も加温一切ない良好な泉質で豊富な湯量を誇る秘湯です。入鹿温泉瀞流荘とは廃坑になった銅山の坑道を走る10分間のトロッコ列車で結ばれています。

平成27年3月26日リニューアルオープンしました。
入浴料金:大人540円 小人(3~12歳)270円
施設:内湯、露天風呂(立ち湯、半身浴、寝湯)、休憩ラウンジ、売店、自動販売機、貸切風呂(1080円60分利用)

 瀞流荘と湯ノ口の間を結ぶ、昔鉱山の坑道で使われたトロッコ列車がそのまま運行されています。入鹿温泉瀞流荘からトロッコ往復乗車券と湯ノ口温泉入浴料を含め大人860円小人430円で販売しております。

ソース画像を表示

周辺環境

秋吉台国定公園の近くで、地元で採れる山菜料理の他、魚介類も人気である。

歴史

鉱山開発などで枯渇していたが、1974年昭和49年)のボーリング調査により深度 1300m で源泉に到達した。以降、秋吉台の観光拠点として整備された。

周辺

ソース画像を表示

知る人ぞ知る「秘湯」を求めて、「湯ノ口温泉」へ! トロッコ電車に乗って、レトロな温泉旅

交通の便が決して良いとはいえない山奥や大自然の中にひっそりと佇む「秘湯」。有名な温泉地にはない「特別感」を味わえるのが魅力です。熊野市にある「湯ノ口温泉」は、「三重の秘湯」と呼ぶにふさわしいスポット。レトロなトロッコ電車に乗って行くその場所には、「日本の原風景」ともいえるような景観が広がっていました!

  • 広告 ■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
         ■お名前.com

アクセス

ソース画像を表示

三重県 熊野市の山中に昔から地域住民に親しまれた湯治場「湯ノ口温泉」があります。この地域は鉱山で栄えた時代があり、当時の鉱山へ向かうためのトロッコ列車が現在も観光用として使用されています。

所在地山口県美祢市美東町真名
座標北緯34度9分36秒 東経131度20分42.7秒
交通車 : 中国自動車道美祢東JCT及び小郡萩道路十文字IC
鉄道 : 山陽新幹線新山口駅から車で約20分。秋芳洞行きバス(湯の口温泉バス停下車)
泉質なし
泉温(摂氏19.9 °C
湧出量34.5L/min(動力)
pH9.66
液性の分類アルカリ性
浸透圧の分類低張性
宿泊施設数1

コメント

タイトルとURLをコピーしました